劇場版「ONE PIECE」最新作予告完成!主題歌担当は「GLIM SPANKY」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月17日 > 劇場版「ONE PIECE」最新作予告完成!主題歌担当は「GLIM SPANKY」
メニュー

劇場版「ONE PIECE」最新作予告完成!主題歌担当は「GLIM SPANKY」

2016年5月17日 08:00

待望の予告編がお披露目!「ONE PIECE FILM GOLD」

待望の予告編がお披露目!
(C)尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]尾田栄一郎氏による人気漫画「ONE PIECE」の劇場版最新作「ONE PIECE FILM GOLD」の予告編が、このほど完成した。黄金のエンタテインメントシティ「グラン・テゾーロ」を舞台に、国王ギルド・テゾーロとルフィたちの激しいバトルシーンが映し出されている。また、松尾レミ亀本寛貴によるロックユニット「GLIM SPANKY」が、今作の主題歌を担当すると発表された。

ルフィ率いる麦わらの一味が、世界政府すらも金の力で動かすテゾーロ一味と死闘を繰り広げる今作は、興行収入68億7000万円を記録した前作「ONE PIECE FILM Z」(2012)に続き、尾田氏が総合プロデューサーを担当。入場者特典として、尾田氏の書き下ろし設定満載のコミックス777巻が500万冊限定で贈られることが決定した。

予告の前半では、尾田氏イチオシの歌手・小島麻由美が手がけた劇中音楽にのせ、黄金に埋めつくされた「グラン・テゾーロ」の街並みを紹介する。しかし、テゾーロの「金がないやつは何も手にできない。支配されるしかないんだよ」というセリフとともに、市井の人々が虐げられる姿が挿入されると雰囲気は一変。怒髪天を衝いたルフィが「支配なんてされねえって、言ってんだろうが」と叫び、主題歌にのせた迫力のバトルが映し出される。


「GLIM SPANKY」「ONE PIECE FILM GOLD」

「GLIM SPANKY」
[拡大画像]

「GLIM SPANKY」は今作のために新曲「怒りをくれよ」を書き下ろした。松尾のハスキーな歌声にほれ込んだ尾田氏は、「ラジオで初めてこの歌声を聞いた瞬間からホレていました。今回の映画『GOLD』は音楽による雰囲気作りがとても重要で、この声が欲しかったのです」と絶賛し、「ぜひ映画館で『GLIM SPANKY』のゴージャスな歌声にシビレてください」と呼びかけている。

ONE PIECE FILM GOLD」は、満島ひかり濱田岳菜々緒北大路欣也、ケンドーコバヤシらが声優として参加。7月23日から全国で公開。

ONE PIECE FILM Z Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ONE PIECE FILM Z Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,793 興奮、再び―。総合プロデューサー・尾田栄一郎が放つ劇場版「ONE PIECE FILM Z」がBD化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi