ファンキー加藤、泉谷しげるの暴走に困惑も初主演「サブイボマスク」に「100%出し切った」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月17日 > ファンキー加藤、泉谷しげるの暴走に困惑も初主演「サブイボマスク」に「100%出し切った」
メニュー

ファンキー加藤、泉谷しげるの暴走に困惑も初主演「サブイボマスク」に「100%出し切った」

2016年5月17日 20:30

初主演映画への思いを語ったファンキー加藤(中央)「サブイボマスク」

初主演映画への思いを語ったファンキー加藤(中央)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手のファンキー加藤が映画初出演で主演の「サブイボマスク」のプレミア上映会が5月17日、東京・新宿バルト9で行われた。加藤は共演の平愛梨泉谷しげるらと舞台挨拶。「難しいことだらけで、台本とにらめっこの毎日でした。点数を客観的には計れないけれど、自分の100%は出し切った。後悔はありません」と満足げな笑みを浮かべた。

過疎化・高齢化が進む地元の町を歌で盛り上げようと、“1人感動ライブ”に奔走する主人公・春雄という役どころで「自分より1.5倍増しで情熱的。こういう男にあこがれるという理想像で、演じられて光栄」と万感の面持ち。撮影は大分・中津、杵築などでオールロケが行われ、「共演者の皆さん、スタッフの皆さん、地元の皆さん全員の情熱がギュッと詰まった作品。見ていただければ、心の底から元気、勇気が沸いてきます」と声高らかにアピールした。

春雄の元カノでシングルマザー役の平は、「結婚も出産もしていないのにお恥ずかしい。普段の私とは正反対の役で、加藤さんに『バカッ』とか暴言を吐けるのが快感でした」と笑顔。加藤のライブシーンの感想を聞かれ、「いただいたDVDですか?」と返す天然ぶりを発揮したものの、「ガッツがあって感動。サブイボ立ちました」と持ち上げた。

だが、町長役の泉谷が「こんなつまんねえ映画。おめえら早く帰れよ」といきなりの悪態。さらに、「俺が町長のわけねえだろ。俺は舛添(要一東京都知事)をやりたかったんだ」とまさに暴言を吐き、会場は大爆笑だったが加藤らは「見出しになっちゃうから」と制御するのに必死だった。

また、同作では過疎化・高齢化の地方都市の全国から募り町おこしを推進する「サブイボマスクプロジェクト」を実施。加藤は既に今月15日に中津でミニライブを行い、6月1日に群馬・渋川、同8日に奈良・吉野町を回るツアーを行うことが決まった。

サブイボマスク」は、人気シリーズ「秘密結社 鷹の爪」などで知られるDLEの制作チームによるオリジナル最新作。町のヒーローだった覆面プロレスラーの亡き父の遺志を継ぎ、マメカラで地元の応援ソングを歌い続ける春雄のまっすぐな姿に、地元の人々も勇気づけられていく。6月11日から全国で公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi