神山健治監督最新作「ひるね姫」主人公ココネ役は高畑充希に 特報映像も完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月17日 > 神山健治監督最新作「ひるね姫」主人公ココネ役は高畑充希に 特報映像も完成
メニュー

神山健治監督最新作「ひるね姫」主人公ココネ役は高畑充希に 特報映像も完成

2016年5月17日 05:30

神山健治監督作「ひるね姫」 主人公・森川ココネ役は高畑充希に「ひるね姫 知らないワタシの物語」

神山健治監督作「ひるね姫」
主人公・森川ココネ役は高畑充希に
(C)2017 ひるね姫製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の高畑充希が、神山健治監督の長編最新作「ひるね姫 知らないワタシの物語」の主人公・森川ココネ役の声優を務めることが明らかになった。あわせて、高畑が演じるココネのナレーションで作品を紹介する特報映像が完成した。

同作は、「攻殻機動隊S.A.C.」「東のエデン」「精霊の守り人」などで人気の神山監督が手がけるオリジナルの劇場用長編アニメーション。物語の舞台は、2020年の東京オリンピック開幕が2日後に迫った日本で、父親と2人で岡山県に暮らす女子高生の森川ココネが主人公。ところかまわず昼寝をしてばかりのココネは、最近いつも同じ夢を見ていることに気付き、やがてその夢が家族の知られざる秘密へ繋がっていく。

テレビアニメで2度の声優経験のある高畑だが、アニメーション映画の声優は初めて。声優を経験しているからこそ「表情は自分じゃないのでとても難しいです。私は自分の声はクセが強いように感じているので、声優としてオファーを受けた時は嬉しかった半面『私でいいんだろうか』とも思いました」と正直な心境も吐露している高畑だが、それでも「神山監督が丁寧にキャラクターを伝えてくださったので、できるだけ監督のイメージに合うように、何度でもトライしたいと思います」と意欲を見せ、劇中では披露する岡山弁にも「岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです」と意気込んでいる。

特報映像は、美しいピアノの旋律とともに気持ちよさそうに眠るココネの姿が映し出されて始まる。やがてココネは、いつも同じ夢ばかり見ていることに気付き、その後は、大きな南京錠のついたドレスをまとう女の子、動くぬいぐるみ、近未来を思わせる都市に築かれた巨大建築物、変形ロボット、亡き人をしのぶ父親の姿など、さまざまな場面が次々と展開され、ココネが何かを見つめ涙ぐむ様子も映し出されている。

撮影の合間に昼寝をしていて共演者に寝顔を撮影されることもあるという高畑は、自身の声が収録された特報を見て「ココネちゃんはみんなが愛せる、“かわいすぎない”キャラクターで親近感があります」と、早くも役を身近に感じている様子。さらに、「舞台となる岡山の風景も美しくて、行ってみたくなりました」と語っている。

ひるね姫 知らないワタシの物語」は2017年全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi