浪川大輔、劇場アニメ「牙狼」のアクションにうなる「声優30年やっててあんなバトル初めて」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月16日 > 浪川大輔、劇場アニメ「牙狼」のアクションにうなる「声優30年やっててあんなバトル初めて」
メニュー

浪川大輔、劇場アニメ「牙狼」のアクションにうなる「声優30年やっててあんなバトル初めて」

2016年5月16日 21:30

萩原聖人、浪川大輔、林祐一郎監督「牙狼 GARO DIVINE FLAME」

萩原聖人、浪川大輔、林祐一郎監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「牙狼 GARO」シリーズ初のアニメーション作品として2014年10月~15年3月に放送されたテレビアニメ「牙狼 GARO 炎の刻印」の続編「牙狼 GARO DIVINE FLAME」の完成披露上映会が5月16日、東京・新宿バルト9で行われ、声優キャストの浪川大輔萩原聖人林祐一郎監督が出席した。

人気特撮シリーズ「牙狼 GARO」の10周年記念作。テレビアニメ版から4年後を舞台に、黄金騎士「牙狼」ことレオンと最も美しいと謳われるホラーの戦いを通して、魔戒騎士の存在意義とその本質を問いかける。

シリーズ初の劇場アニメとなる今作の見どころを聞かれると、レオン役の浪川は「『牙狼』といえばバトルシーン。あのスピード感は、今まで見たことのない映像が見られるはず。きらびやかで優雅に戦っているというだけではない、本当にすごいバトルシーンだと思う」と自信をのぞかせる。それだけに、演じる際には苦労も多かったそうで、浪川は「萩原さんバトルシーン大変じゃなかったですか? 僕、声優を30年やってて、あんなに大変なバトルシーンは初めてでした。本当にしんどかったですよね」と興奮気味に語りかける。「牙狼」シリーズのファンで念願かなっての出演だったという萩原は、「何が行われてるかわからなかった」と同調しつつ、「でも全てが美しい。作品のカラー自体は明るくないんですけど、すごい美しいものになった」と満足げだった。

その後も、「映画は一発勝負なので、命を削るように全力でやりきった」と今作にかける思いを熱弁した浪川。だが、アフレコ時の思い出話になると、「萩原さんにボールペンを貸したら2、3日でなくした」と突然のクレーム。これに対し萩原が「俳優業では基本台本を持っていかないので、ペンを持っていく習慣がない。小さい男でしょ、ボールペンですよ」と“口撃”するが、浪川は「いつも3色ボールペンを買うけど、貸したやつは4色だったんです」とめげずに食い下がる。これには思わず萩原も「8色で返すよ!」と噴き出していた。

牙狼 GARO DIVINE FLAME」は5月21日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi