放火を犯した娼婦の物語 桃井かおり監督作「火 Hee」予告編公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月16日 > 放火を犯した娼婦の物語 桃井かおり監督作「火 Hee」予告編公開
メニュー

放火を犯した娼婦の物語 桃井かおり監督作「火 Hee」予告編公開

2016年5月16日 06:00

「火 Hee」の一場面「火 Hee」

「火 Hee」の一場面
(C)YOSHIMOTO KOGYO、チームオクヤマ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 芥川賞作家・中村文則氏の短編小説「火」を、桃井かおりが監督、脚本、主演を兼ねて映画化した「火 Hee」のビジュアルと予告編が公開された。

かつて放火を犯した娼婦が精神科医との対話を通じて、その呪われた生涯を独白する姿をサスペンス風に描いた作品で、桃井の監督第2作。米ロサンゼルスの桃井の自宅で撮影され、今年2月のベルリン映画祭フォーラム部門でのプレミア上映で話題を呼んだ。予告編では、異国の地で一人で生きる主人公が、自身の生き様を狂気に満ちた様子で話す場面が切り取られている。

桃井は、奥山和由プロデューサーから出演オファーとともに監督を打診されたと明かし、「主人公の女は、放火を犯しながら罪の意識さえない、物事を判断する尺度が折れ曲がっているとしか思えない女。でも、雫れ落ちてくる言葉には、なぜかリアリティがある。誰でもいいからつながろうと生きている。どこか今の時代の象徴だと感じます。私はそんな人間を描き、演じたかったのです」と作品への思い入れを語る。中村氏は「桃井さんの圧倒的な才能に戦慄しました。何てすごいんだろう。この映画は伝説になる」と、“監督”桃井の手腕を絶賛している。

火 Hee」は、8月シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi