園子温監督、夫唱婦随の最新作「ひそひそ星」公開に感激「0からの出発」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月14日 > 園子温監督、夫唱婦随の最新作「ひそひそ星」公開に感激「0からの出発」
メニュー

園子温監督、夫唱婦随の最新作「ひそひそ星」公開に感激「0からの出発」

2016年5月14日 17:35

初日挨拶に立った園子温監督と神楽坂恵「ひそひそ星」

初日挨拶に立った園子温監督と神楽坂恵
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 園子温監督の最新作「ひそひそ星」が5月14日、東京・新宿シネマカリテなどで公開。園監督は、夫人で主演女優の神楽坂恵とともに同館で初日舞台挨拶を行った。

園監督が、「この映画で商業監督デビューしてやろう」と25年前に脚本を書き上げていた念願の作品。だが、「地味であまりにも変わった内容なので、映画会社で作れる内容ではなかった。だったら自分の力で金を集めてやろうと思ったがうまくいかなかった」と、机の引き出しの奥で眠っている状態だった。

その後も、「画コンテをコツコツと描いて、全カット描いた。それだけ暇だったから」と自ちょう気味に振り返る。神楽坂も、「引っ越しなどをする度に、段ボールのコンテの量がハンパなくて、いつ撮るんだろうと思っていた」という。

その後、「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」など話題作を放ち、自身で設立した制作会社「シオン・プロダクション」の第1回作品として制作。「方向転換が著しくて、過激な映画監督と見られるようになったが、0からの出発というか、あらためて自分の新しい映画の道を考え直した」と意図を説明した。

人類が絶滅種となった近未来を舞台に、星々を巡る宅配便配達人の物語で、園監督は「25年前の彼(園)が、それまで映画で行われていなかったことを探し回って、見たことのない映画を作りたいという熱い思いを尊重した。脚本もコンテも当時に忠実なはず」と自信の笑顔。本名の「園いづみ」でプロデューサーも兼ねた神楽坂も、「プロデューサーとして大きな仕事はしていませんが、監督の思いも聞いて女優としては見ない大変さなど勉強になりました。主人公は私じゃないと思っていたので、光栄でした」と夫唱婦随ぶりをアピールしていた。

愛のむきだし[Blu-ray/ブルーレイ] 愛のむきだし[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 「自転車吐息」「紀子の食卓」の鬼才・園子温が237分の長尺で描く奇想天外なラブストーリー。
冷たい熱帯魚[Blu-ray/ブルーレイ] 冷たい熱帯魚[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,797 園子温の手加減なしの猛毒エンターテインメント作品がお求めやすい価格で登場!強烈なエロス&バイオレンス映画ながら思わず笑ってしまうブラックコメディーの要素もあり、観る者を翻弄する衝撃の問題作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi