佐藤健、共演猫に好感度負け!?「みんな猫しか見ない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月14日 > 佐藤健、共演猫に好感度負け!?「みんな猫しか見ない」
メニュー

佐藤健、共演猫に好感度負け!?「みんな猫しか見ない」

2016年5月14日 15:40

舞台挨拶に立った佐藤健と宮崎あおい「世界から猫が消えたなら」

舞台挨拶に立った佐藤健と宮崎あおい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 佐藤健宮崎あおいの初共演で、映画プロデューサー・川村元気氏の小説を映画化した「世界から猫が消えたなら」が5月14日、全国290スクリーンで公開された。佐藤と宮崎は、共演の濱田岳奥田瑛二原田美枝子永井聡監督とともに東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に立った。

永井監督は、佐藤の印象を問われると「会う前はクールな感じかなと思っていたが、等身大の男の子だった。背伸びもしない、気持ちの良い青年。本人のいないところでは、みんな、たけるんたけるんって言っていた。好かれますね。健くんはいい子です」とニッコリ。佐藤は「ありがとうございます」とはにかむと、隣の宮崎に「いい子ですよね?」と話しを振って照れ隠し。宮崎は、「良い子だと思います」と笑顔で即答していた。

現場でスタッフ、キャストから愛されていたという佐藤だが、主人公「僕」の愛猫キャベツを演じたタレント猫のパンプが登場すると「僕がどんなに芝居をしても、モニターをチェックしに行くと、みんなパンプしか見ないんですよ。猫には勝てないですね」とぼやき節。すると、永井監督も「健くんとパンプが一緒にやっている時、健くんの方がNG出すくらいパンプは優秀。安定している」と追い打ちをかける。

佐藤は「すみません」と苦笑いを浮かべると、「僕は猫を飼っていたのでわかるけど、普通はこんなの無理。パンプは本当にいい子で、お芝居もほとんどNGなかったですから。もう、大御所って感じですね」と完敗宣言。それでも「僕は撮影中孤独な日々で、共演者がパンプ、もしくは自分(1人2役)だった。唯一の癒しがパンプだった」といい、腕の中の“相棒”を愛おしそうに見つめていた。

映画は、余命わずかな郵便配達員の「僕」は、自分と瓜二つの姿の悪魔から「世界から何かひとつ、ものを消すことで、1日の命をあげよう」と提案され、さまざまなものを消し去っていく。ものを消す度に大切な思い出も失われていくなかで、僕はかつての恋人、親友や家族との絆を確かめていく。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi