「ゼーガペイン」10周年プロジェクト 新解釈の「ゼーガペイン ADP」が劇場公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月13日 > 「ゼーガペイン」10周年プロジェクト 新解釈の「ゼーガペイン ADP」が劇場公開決定
メニュー

「ゼーガペイン」10周年プロジェクト 新解釈の「ゼーガペイン ADP」が劇場公開決定

2016年5月13日 23:30

「ゼーガペイン」10周年プロジェクトが始動「ゼーガペイン ADP」

「ゼーガペイン」10周年プロジェクトが始動
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] サンライズの制作で2006年に放送されたアニメ「ゼーガペイン」が10周年を迎え、「ゼーガペイン10周年プロジェクト」として再始動。新作「ゼーガペイン ADP」が製作されることが明らかになった。

「ゼーガペイン」は、綿密にちりばめられた伏線やハードなストーリー展開で人気を博したロボットアニメ。ミステリアスな少女ミサキ・シズノに導かれ、異世界で人型兵器ゼーガペイン・アルティールに搭乗して謎の敵と戦う少年ソゴル・キョウは、やがて自身と世界に隠された真実を知る。

新作「ゼーガペイン ADP」では、再編集したテレビシリーズの映像に新規カットを加え、新たな解釈のストーリーが描かれる。新キャラクターが登場するほか、セリフも全編新録り下ろしとなる。10月15日から、東京・新宿ピカデリーと千葉・シネマイクスピアリほかでイベント上映予定。

また、10周年プロジェクトの一環として、2010年に完全受注生産で発売された同作のブルーレイボックスが一般発売されることも決定した。「サンライズフェスティバル2015白南風」で上映されたスペシャル編集版映像のほか、オーディオコメンタリーが新規で収録される(収録話数は公式サイトで公募中。5月9日まで)。ブックレットが付属する描き下ろしボックス仕様で、価格は3万2000円(税抜き)。なお、発売日の8月31日は、作中で重要な意味を持つ日となっている。

そして、7月16日に、千葉・舞浜アンフィシアターで10周年記念イベントが開催。ソゴル・キョウ役の浅沼晋太郎、カミナギ・リョーコ役の花澤香菜、ミサキ・シズノ役の川澄綾子による朗読劇や、エンディング主題歌や挿入歌を担当した「ROCKY CHACK」によるライブを予定しており、チケット販売は、5月3日からチケットぴあでプレリザーブ先行がスタートする。料金はS席6000円、A席5500円(いずれも税抜き)。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi