「超新星」ユナク、江守徹からお墨付き&舞台公演に向け金言授かる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月13日 > 「超新星」ユナク、江守徹からお墨付き&舞台公演に向け金言授かる
メニュー

「超新星」ユナク、江守徹からお墨付き&舞台公演に向け金言授かる

2016年5月13日 21:30

初対面を果たしたユナクと江守徹「マクベス」

初対面を果たしたユナクと江守徹
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マイケル・ファスベンダーマリオン・コティヤールの共演で、劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる戯曲を映画化した「マクベス」が5月13日、全国90館で封切られた。東京・お台場シネマメディアージュでは、「マクベス」をはじめとするシェイクスピアの4大悲劇すべての舞台出演を誇る江守徹と、映画の日本版テーマソングを担当した韓国の人気グループ「超新星」のユナクが舞台挨拶に立った。

舞台は、中世スコットランド。忠義心に厚い将軍・マクベス(ファスベンダー)は、魔女と出会い「お前は領主になり、そして王になるだろう」と予言を聞かされる。王座への欲望に目覚めたマクベスは、夫の出世を望むマクベス夫人(コティヤール)に促されるままに、ダンカン王(デビッド・シューリス)の暗殺を推し進めていく。

ユナクはシェイクスピア作品をほぼ読破していると明かし、映画の魅力を「映像がすごくきれいで、俳優さんの演技がとにかく素晴らしい。強い将軍が魔女の甘い口説きにだまされる、その変化が1回見ただけでもすごく見える。マクベスが一筋の涙を流すシーンがあるのですが、ありえない、すごい! どうやったらこれが表現できるのか」と絶賛。テーマソングとなる「Eternal Star 君のために」は、「通常は1回だけど、3回録った」ほど気合いの入った楽曲だと語った。

マクベス役を演じた経験も持つ江守は、「『マクベス』は4大悲劇の中で最も短く、筋も単純。(その分)表現をどうするか、心情をいかに伝えるかに監督や俳優の力量が表れる」と説明。そして今作は「シェイクスピア作品だけど、身近にいるような人々や事件を描いた現代的な作品。そこで今、実際に行われているような迫力があった。全てのシーンが印象に残っています」とお墨付きを与えた。

両者は今回が初対面となるが、ユナクは「すごく緊張しています。オーラがあって……」と恐縮しきり。江守は「実にさわやかで好青年。自分が女性だったらいいなと思いました」と初対面の印象を語り、12月に舞台を控えるユナクに「演技というのは自分をさらけ出すこと。心を正直に、思うままに演じることです」とアドバイスしていた。

マクベス」の日本版テーマソング「Eternal Star 君のために」を含むユナクのソロアルバム「REAL」は、6月29日発売。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi