第29回東京国際映画祭、細田守監督&岩井俊二監督の特集企画実施決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月12日 > 第29回東京国際映画祭、細田守監督&岩井俊二監督の特集企画実施決定!
メニュー

第29回東京国際映画祭、細田守監督&岩井俊二監督の特集企画実施決定!

2016年5月12日 15:00

細田守監督&岩井俊二監督の創作の軌跡をたどる「花とアリス」

細田守監督&岩井俊二監督の創作の軌跡をたどる
[拡大画像]

[映画.com ニュース]10月25日~11月3日に開催される第29回東京国際映画祭で、2人の映画監督の特集企画を実施することが決定した。日本映画を世界へと発信することを目的に、「時をかける少女(2006)」「バケモノの子」の細田守監督と、「花とアリス」「リップヴァンウィンクルの花嫁」の岩井俊二監督の軌跡をたどる。

オリジナルモチーフで物語を紡ぎ、日本の今を活写する作風から、国内外の観客・批評家から高い評価を得ている細田監督を特集。東映動画(現東映アニメーション)時代の初期作品から、独立後の作品を紹介する初の大規模上映にあたり、アニメ特撮研究家の氷川竜介氏は「細田守監督は、時代とともに成長する映画監督である。恋愛・結婚・子育て・家族と世界の観客すべてに届く普遍的なモチーフを採用し、アニメーションという『動く絵』だけが可能とする表現を駆使して、感情重視の物語をつむぎ出す。常に高みをめざし、芸術に新天地の『地図』を描こうとする作家」とコメントを寄せている。

また、映画祭独自の視点で日本を代表する作品をセレクトする「Japan Now部門」では、国内のみならずアジア圏で絶大な人気を誇る岩井監督に迫る。近年は「花とアリス殺人事件」で長編アニメーションに初挑戦し、黒木華主演の最新作「リップヴァンウィンクルの花嫁」はロングランヒットを記録している。同部門のプログラミングアドバイザーの安藤紘平は、「岩井俊二監督は、常に“日本の今”を生きる若い世代を寓話的に語りつつ、記憶、時間、空間、社会といったものを彼独特の映像美学で表現する稀有な作家です」と評している。

第29回東京国際映画祭は、10月25日~11月3日に東京・六本木ヒルズほかで開催。上映プログラムは、順次発表される。

バケモノの子 スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] バケモノの子 スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,792 細田守監督のアニメーション映画『バケモノの子』がBlu-ray化。
花とアリス[Blu-ray/ブルーレイ] 花とアリス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,175 明るく素直な“花”と自由奔放で勝手な“アリス”が大人へと成長していく姿を描いた初恋物語。岩井俊二監督監修のHDリマスター、初BD化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi