戦時中の父と息子の絆を描く感動作「リトル・ボーイ」、8月27日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月11日 > 戦時中の父と息子の絆を描く感動作「リトル・ボーイ」、8月27日公開
メニュー

戦時中の父と息子の絆を描く感動作「リトル・ボーイ」、8月27日公開

2016年5月11日 11:00

「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」 ビジュアル「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」

「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」
ビジュアル
(C)2014 Little Boy Production, LLC.All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第2次世界大戦下のアメリカを舞台に父と息子の絆を描いた「Little Boy」が、邦題「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」として8月27日に劇場公開されることが決定し、ティザービジュアルが完成した。戦地へ向かった父を無事連れ戻したいと願い、弱い自分と向き合いながら成長していく少年の思いが「パパは、ボクがきっと呼び戻すんだ」と刻まれている。

体が小さい少年ペッパーは、大好きな父親との幸せな日々が続くと信じていたが、徴兵検査を通らなかった兄ロンドンの代わりに父が戦地にかり出されてしまう。戦場から父を呼び戻すことを決意したペッパーは、司祭からすべて達成すれば願いがかなうリストをもらい、父親奪還大作戦に向け動き出す。


画像2

[拡大画像]

主人公には、演技経験がほとんどないジェイコブ・サルバーティくんが抜てきされた。オーディションを受ける兄弟の付き添いで会場を訪れていたところ、アレハンドロ・モンテベルデ監督の目に留まった。エミリー・ワトソンがペッパーの母親、トム・ウィルキンソンが司祭、ケイリー=ヒロユキ・タガワがリストの難題としてペッパーが交流することになる町のはずれ者の日本人を演じた。

メキシコ出身のモンテベルデ監督は「誰にでも人を愛し、大きな夢を見る能力がある。この映画が人々を結びつけ、人生で本当に大切なことは何かを考えるきっかけになればいいと僕は願っている」とコメントを寄せている。

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」は、8月27日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi