マリ・エル共和国の大らかな性を描いた「神聖なる一族24人の娘たち」9月公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月10日 > マリ・エル共和国の大らかな性を描いた「神聖なる一族24人の娘たち」9月公開決定
メニュー

マリ・エル共和国の大らかな性を描いた「神聖なる一族24人の娘たち」9月公開決定

2016年5月10日 08:00

24人の女性の“生”と“性”を描く「神聖なる一族24人の娘たち」

24人の女性の“生”と“性”を描く
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ロシア西部のヴォルガ川流域にあり、人々が自然崇拝と大らかな性で人生を謳歌するマリ・エル共和国を描いた映画「神聖なる一族24人の娘たち」が、9月下旬から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほかで公開されることが決定した。

500年もの間、ヴォルガ湖畔で独自の言語と文化を保ち、ロシアのなかでも際立って特異な宗教や世界観を持つマリ人。今作はそんなマリの女性にまつわる説話や伝承を、プロの女優とアマチュアの女性たちをキャストに迎えて映画化しており、「遠野物語」「アイヌ民話」をほうふつさせる優しく儚い世界を映し出す。

映画の中心は、名前が「O」から始まる24人の女性だ。理想的な夫を選ぶ目を養うため、バケツいっぱいのキノコを丹念に調べるオシュチレーチェや、小枝のようにか細い体を豊満にするため、裸の体を布でふくまじないを施されるオシャニク。夫の股間のにおいをかぐことで浮気の確証を得ようとするオーニャ、夫に思いを寄せる森の精霊に呪いをかけられてしまうオロプチーら、女性たちの“生”と“性”の物語が幕を開ける。

アンドレイ・タルコフスキーアレクサンドル・ソクーロフアレクセイ・ゲルマンに続く“ロシアの鬼才”と称される、アレクセイ・フェドルチェンコ監督がメガホンをとった。卓越した撮影手腕により、四季を通じた大自然の豊かな色彩の広がりや、透き通る肌の女性たちの瑞々しさを活写した。原作・脚本は、マリ・エル出身の作家デニス・オソーキン氏が手がけている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi