川平慈英、盟友・今井雅之さん原作映画で中居正広と共演「かなりクーッでした」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月10日 > 川平慈英、盟友・今井雅之さん原作映画で中居正広と共演「かなりクーッでした」
メニュー

川平慈英、盟友・今井雅之さん原作映画で中居正広と共演「かなりクーッでした」

2016年5月10日 15:10

天国の今井雅之さんに思いを馳せる「手をつないでかえろうよ シャングリラの向こうで」

天国の今井雅之さんに思いを馳せる
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優でタレントの川平慈英が5月10日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた主演作「手をつないでかえろうよ シャングリラの向こうで」の完成披露試写会に、共演の七海、奈良橋陽子監督とともに出席した。

本作は、昨年5月に死去した今井雅之さん原作、脚本、演出、主演の舞台を映画化。劇団などで活動をともにしてきた川平は、今井さんに代わり主人公を演じ「陽子さんから話があった時、オレしかいないだろう、まーちゃん本当にありがとうと涙がポロポロ流れて嬉しかった」としみじみ。そして「(自分は)役者ではないイメージ。奈良橋さんの愛情によって役者として、表現者だということをアピールしなければいけないという雅之の僕へのメッセージを感じた」と盟友に思いを馳せた。

現場では「まーちゃんの写真をいつもポケットに入れて演じさせてもらった」そうで、「適当にやったら絶対に見抜かれるので、カメラが回ったら一瞬一秒をフルに生きた演技をしないと雅之に失礼。そういうプレッシャーの中でやるのも楽しかった」とニッコリ。生前の今井さんと親交のあった中居正広が友情出演しており、「中居さんと芝居ができて光栄でした。現場に中居さんがいたことがかなりクーッでした。素晴らしいオーラを発していました」と明かした。

WINDS OF GOD」に続き、今井さんの舞台を映画化した奈良橋監督は「この映画はちょっと特別。雅之の願いもあって心から引き受けて、一番彼が喜ぶようなキャスティングをした」と自信をのぞかせ、「ひとつ大事なのは彼が諦めるということは一切なかった。彼がいなくなってどうやってやればいいのかわからなくて慌てちゃったけど、慈英やみんなの支えで目一杯、一生懸命やった。彼も喜んでいると思う」と天国にメッセージを送った。

イベントの最後には歌手のJAY'EDが登場し、「生前今井さんが『MAY WAY』が好きだったとお聞きして、そういう思いを少しでも皆さんに伝えられたら」と主題歌「MY WAY」を生披露した。

手をつないでかえろうよ シャングリラの向こうで」は、5月28日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi