ブランシェット×レッドフォード共演「ニュースの真相」8月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月9日 > ブランシェット×レッドフォード共演「ニュースの真相」8月公開
メニュー

ブランシェット×レッドフォード共演「ニュースの真相」8月公開

2016年5月9日 17:00

「21世紀最大のメディア 不祥事」と呼ばれた騒動を描く「ニュースの真相」

「21世紀最大のメディア
不祥事」と呼ばれた騒動を描く
(C)2015 FEA Productions, Ltd.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ケイト・ブランシェットとロバート・レッドフォードの共演で、「21世紀最大のメディア不祥事」と呼ばれた騒動の一部始終を当事者の目線で克明に描いた「TRUTH」が、「ニュースの真相」の邦題で8月に公開されることが決定した。

ジョージ・W・ブッシュ米大統領が再選を目指していた2004年。米国最大のネットワークを誇る放送局CBSの看板番組「60ミニッツII」が、ブッシュの軍歴詐称疑惑を裏付けるスクープを放送し、全米にセンセーションを巻き起こす。しかし、「決定的な新証拠」を保守派のブロガーが「偽造」と断じたことから、ベテランプロデューサーのメアリー・メイプスや、番組のアンカーマンで伝説的なジャーナリスト、ダン・ラザーら番組スタッフをはじめ、放送局は猛烈な批判を浴びせられる。

映画では、メアリー・メイプスの自伝をもとに、ジャーナリストたちの運命を大きく変え、皮肉にもブッシュ再選につながったスクープ報道とその裏に秘められた真相に迫る。非難の的となった主人公たちが信念と矜持を失わず圧倒的に不利な戦いに臨む姿とともに、ジャーナリズムが抱える失敗の恐ろしさを浮き彫りにする。

2度のオスカー受賞を誇るブランシェットが、毅然として不利な戦いに挑む敏腕プロデューサーのメアリーに扮し、世間からの批判を一身に受けても屈することのない清廉なジャーナリスト魂を体現。伝説的なアンカーマン、ダン・ラザー役を名優レッドフォードが演じ、番組取材班のメンバーにはエリザベス・モストファー・グレイスデニス・クエイド、重要な鍵を握る人物にステイシー・キーチが扮した。「ゾディアック」「アメイジング・スパイダーマン」の脚本家ジェームズ・バンダービルトが脚本を手がけ、監督デビューを果たした。

ニュースの真相」は8月、TOHOシネマズシャンテほか全国で順次公開。

ゾディアック ディレクターズカット[Blu-ray/ブルーレイ] ゾディアック ディレクターズカット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 「セブン」「ファイト・クラブ」のデビッド・フィンチャー監督が放つ衝撃サスペンス!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi