窪田正孝、船越英一郎にゴキブリ嫌いを暴露される : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月7日 > 窪田正孝、船越英一郎にゴキブリ嫌いを暴露される
メニュー

窪田正孝、船越英一郎にゴキブリ嫌いを暴露される

2016年5月7日 17:33

ベテラン勢が若手俳優陣を温かく見守っていた?「ヒーローマニア 生活」

ベテラン勢が若手俳優陣を温かく見守っていた?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気漫画家・福満しげゆき氏の代表作「生活【完全版】」を実写映画化した「ヒーローマニア 生活」が5月7日、全国154スクリーン(熊本で休館中の1スクリーン含む)で公開初日を迎え、主演の東出昌大をはじめ共演の窪田正孝小松菜奈船越英一郎片岡鶴太郎山崎静代(「南海キャンディーズ」)、メガホンをとった豊島圭介監督が東京・丸の内TOEI1で行われた舞台挨拶に出席した。

船越は、驚異の身体能力を持つ格闘技マニアのニート・土志田を演じた窪田について「世の中の何よりもゴキブリが嫌い。僕らがお弁当を食べているところにゴキブリが出た。叫んだらだーっと出て行ってしばらく帰ってきませんでした」と暴露。これには苦笑いの窪田だったが、「黒いものがずっと動いていましたよね。みんな普通に弁当食ってるから理解できない」と顔面蒼白で語っていた。

また船越は、東出を「見るからにイノセントで朴とつとした純朴な青年」と言いながらも、「ものすごく酒が好き」と素顔を明かす。一方の片岡は小松の魅力を「少女と女の狭間のエロス、色気がある。ご本人にはまったく意識がなく、ふとしたところに沸々と色気が出るところがゾクッとする」と称賛した。船越も「少女の部分と妖艶な色気みたいなものが同居している1番良いとき」と同調し、若手俳優たちとの共演を大いに楽しんだ様子を見せた。

「現場はずっと和気あいあいとした雰囲気」だったと話した東出は、「僕らが面白いことをやっていると、監督がモニターの後ろでニヤニヤしている。みんな監督のことが好きなので、そうやって喜んでくれているなら1番嬉しいと思って頑張っていた」と述懐。満席となった客席を見渡し「報われるし作って良かったと思う」と表情をほころばせ、今作のPR活動を早朝から深夜までともに行ってきたスタッフ全員に「心から感謝いたします」と頭を下げ、割れんばかりの拍手を浴びていた。

映画は、へたれなフリーターの青年が、仲間とともに自警団を結成し、社会が罰しきれない小さな悪を裁いていたところから、思わぬ事態へと発展していくさまを描いている。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi