宮迫博之、野村萬斎と“新コンビ”を結成して思ったこととは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月6日 > 宮迫博之、野村萬斎と“新コンビ”を結成して思ったこととは?
メニュー

宮迫博之、野村萬斎と“新コンビ”を結成して思ったこととは?

2016年5月6日 13:00

もともと俳優志望だった宮迫博之「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」

もともと俳優志望だった宮迫博之
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」(公開中)で売れない芸人役に挑戦。狂言師の野村萬斎と“新コンビ”「マイティーズ」を結成した。

マイティーズは、萬斎演じる仙石和彦の残留思念を読み取る能力を宮迫扮する丸山竜司がイジるネタで一時は人気を得たが、仙石が人間不信に陥り引きこもったため事実上解散。丸山は、鳴かず飛ばずでピン芸人を続けているという設定だが、「芸人の役をやることはないので変な感じでしたけれど、自分も仕事がない時代を経ているので気持ちは大いに分かる部分が多かったですね」という。

毒舌ネタが受けず、舞台を降りたら借金取りに追われる丸山の登場シーン。ロケ地は偶然にも20年ほど前に近所に住んでいた公園のステージだった。「宮川大輔とあそこでよう、缶ビールを手にいつか売れたるからなって言うてた場所なんです。だから懐かしいと思いながらやっていましたけれど、そんな場所で売れない芸人役をやるんかいって話ですよね。不思議な縁です」

回想シーンでは、これまで接点のなかった萬斎との漫才で絶妙の掛け合いを披露。「日本の伝統を守っている方ですからお堅い、とっつきにくい人なのかなと思っていたんですけれど、全然そうではなかったです。僕よりしゃべるんじゃないですか。漫才も手こずるのかと思っていたのに、そこは伝統芸能をやられているからでしょうけれど舞台の間っていうのか、うまく合わせてくれたんでしょう。非常にスムーズでした、いつも隣にいるおかっぱ(蛍原徹)よりやりやすかったですよ。何年も漫才をしていないので、にこいちで(マイクを挟んで2人で立つことのたとえ)お客さんの前でしゃべるのも、久しぶりで楽しかったです」

2人は、失踪したピアノ教師の捜索を依頼され再結成。ぶつかり合いながら連続殺人事件の真相に迫っていく。中でも宮迫は特にアクションが多い印象だが、「確かに。そんなグルングルン回るんやとか、けっこう蹴るねえっていうのはありました。まあまあ、ケガしましたね。ちょんとぶつかっただけの個所がこんなに真っ青になっているみたいな。もうちょっと若いつもりでいたんですけれど、細胞自体が衰えているんでしょうね。まあ、よりリアリティが出て良かったです」と自ちょう気味に笑う。

もともとは俳優志望で、映画「蛇イチゴ」では演技賞を受賞するほどの実力派。「大好きなことをやらせていただける、すごくありがたい状況。本職の役者の方には非常に申し訳ないんですけれど、緊張感もなく、ただただ楽しいというスタンスでやらせてもらえるのでありがたいです」と謙そんするが、現在もフジテレビ系「僕のヤバイ妻」で私立探偵役を好演中。「探偵につかれる側やろうって話ですよね。絶対ネタにされるのは分かっているんですけれど、脚本が面白かったんで。いい作品に出合ってタイミングが合えばという、何様やいう話ですけれど、ただただありがたいです」。俳優・宮迫博之への注目度は増すばかりだ。

蛇イチゴ[DVD] 蛇イチゴ[DVD] 最安価格: ¥3,175 宮迫博之初主演の毒と笑いが満載の映画。破天荒な兄と生真面目な妹という対照的な兄妹の関係を中心に家族の崩壊と再生を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi