斎藤工から大事なお願い 爆笑必至の阪本順治×藤山直美「団地」マナーCM : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月3日 > 斎藤工から大事なお願い 爆笑必至の阪本順治×藤山直美「団地」マナーCM
メニュー

斎藤工から大事なお願い 爆笑必至の阪本順治×藤山直美「団地」マナーCM

2016年5月3日 12:00

斎藤工が妙な立ち居振る舞いの青年を演じる「団地」

斎藤工が妙な立ち居振る舞いの青年を演じる
(C)2016「団地」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]阪本順治監督が「」の藤山直美と約15年ぶりにタッグを組んだ最新作「団地」の劇場鑑賞マナーCMが、このほどお披露目された。斎藤工演じるスーツ姿の男・真城が「大事なお願いがあって来ました」と一礼するひと幕から始まり、「井戸端会議禁止!」「ドン! ってやらない!」などのマナー喚起が、劇中のシーンにあわせてコミカルに映しだされている。

大鹿村騒動記」「ジョーのあした 辰吉丈一郎との20年」の阪本監督が、完全オリジナル脚本で製作した会話劇。坂本組の常連である藤山、岸部一徳大楠道代石橋蓮司ら実力派が結集し、さまざまな人生が交差する“団地”を舞台に、平凡な主婦のまったく普通ではない日常を独特のオフビートな感性で描いた。

家業を畳み団地に引っ越して来た山下清治(岸部)、ヒナ子(藤山)夫婦。些細な出来事にへそを曲げた清治が「僕は死んだことにしてくれ」といい、床下に隠れてしまう。そんな夫をよそに、ヒナ子は今までどおり淡々とパートに通い続けるが、夫不在の山下家に対し隣人たちは離婚、蒸発などあらぬ妄想を膨らませる。そして妙な立ち居振る舞いの青年・真城(斎藤)が山下家を訪れたことで、清治の雲隠れは思いもよらぬ騒動へと発展していく。

団地」は、6月4日から東京・有楽町スバル座、新宿シネマカリテほか全国で公開。

大鹿村騒動記[DVD] 大鹿村騒動記[DVD] 最安価格: ¥3,756 長野県下伊那郡大鹿村─300年以上に渡って伝統の村歌舞伎を守ってきた人たちの、悲喜こもごもを描いた群像劇。日本映画界を牽引してきた俳優・原田芳雄の最後の作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi