岩田剛典ははみそ汁系女子、高畑充希は白ごはん系男子が好き! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月1日 > 岩田剛典ははみそ汁系女子、高畑充希は白ごはん系男子が好き!
メニュー

岩田剛典ははみそ汁系女子、高畑充希は白ごはん系男子が好き!

2016年5月1日 20:20

舞台挨拶を盛り上げた岩田剛典と高畑充希「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」

舞台挨拶を盛り上げた岩田剛典と高畑充希
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)と高畑充希が5月1日、東京・新宿ピカデリーで行われた、主演映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」のプレミア完成披露試写会に三木康一郎監督、原作者の有川浩氏とともに出席。2人は異性の好みを告白し、集まったファンを喜ばせた。

岩田が演じた役が野草系男子、植物系王子などと呼ばれていることから、岩田は「僕は“みそ汁系女子”が好き。みそ汁って、食事の最後に飲みたいじゃないですか。最後の最後にほっとさせてくれる女性が好き」とユーモアたっぷりに告白。一方の高畑も、「“白ごはん系男子”が好き。焼肉屋さんで、男性が『白ごはんください』って言うと、タイプじゃなくてもキュンとしちゃう」とほほ笑んだ。

さらに互いの印象を聞かれると、高畑は「岩田さんは差し入れ系男子。とにかくよく差し入れをしてくださる。カレーパンとかうなぎとか。テンション上がったのはカフェカーですね。ツアーのお土産もいっぱい差し入れしてくれて。いやあ、王子だなあ」と岩田の太っ腹エピソードを披露。「株上げてもらっていいですか?」と高畑がプレッシャーをかけるなか、岩田は「僕は犬顔なんですけど、高畑さんは猫顔なので猫系女子で」。すると、高畑と三木監督に「えー! 本番前あんなに考えていたのに」といじられていた。

映画は平凡なOL・河野さやかと彼女の前に突然現れた野草に詳しい青年・樹の恋を描く。劇中では岩田扮する樹が王子様のような行動をとるが、撮影ではお姫様だっこを30回近くしたそうで「普段使わない筋肉を使ったので次の日、腕がプルプルきました」と吐露。だが、高畑の視線に気づくと「高畑さんが重いとかじゃないんです」と大慌てだった。

累計発行部数110万部を超えるベストセラー小説を映画化した「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」は6月4日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi