「ヘイル、シーザー!」、清水節氏の“講義”に日芸映画学科学生も興味津々 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月30日 > 「ヘイル、シーザー!」、清水節氏の“講義”に日芸映画学科学生も興味津々
メニュー

「ヘイル、シーザー!」、清水節氏の“講義”に日芸映画学科学生も興味津々

2016年4月30日 08:00

講義する映画評論家・清水節氏「ヘイル、シーザー!」

講義する映画評論家・清水節氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 数々の傑作を生み出してきたジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作「ヘイル、シーザー!」(5月13日公開)の日本大学芸術学部映画学科学生限定試写会が4月28日、同大学の江古田キャンパスで行われ、映画評論家の清水節氏が作品の見どころや背景などを講義した。

同作は、1950年代のハリウッド黄金期が舞台。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に発生した、主演俳優で世界的大スターの誘拐事件を、ジョシュ・ブローリンジョージ・クルーニースカーレット・ヨハンソンチャニング・テイタムら豪華スターを迎えて描いたサスペンスコメディだ。

鑑賞中、ハリウッドのスタジオの内幕や誘拐事件の捜査に見入りながらも、学生たちからは何度も笑いが起こった。そして上映後に清水氏が登壇し、40~50年代の米映画界をめぐる状況を説明。クルーニーやヨハンソンらが演じた役のモデルになった俳優や作品に触れ、時代背景のキーワードとして「映画界の解体」「テレビの興隆」「赤狩り」を挙げた。

また、同作を考えるための手がかりとして、「バックステージもの」「人物への批評性」「ストーリー構造」などについても講義。ブローリン扮するエディ・マニックスが実在した同名の映画人であることも明かされたほか、「キリスト教」と「ハリウッド」の関係性も解説し、映画を学ぶ若い学生たちは興味深く聞き入っていた。

質疑応答では公証人(ジョナ・ヒル)や映画監督(レイフ・ファインズ)の「モデルは誰なのか?」といった突っ込んだ質問が出る一方、「シネフィルでないと楽しみきれないかも」といった意見も。それでも、「テイタムやヨハンソンらスターが出ているだけでも友だちにオススメできる」「時代背景を深く知らなくても楽しめた」といった感想が聞かれた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi