橋本愛、舞台初出演!「月刊『根本宗子』」新作で夢追う少女役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月29日 > 橋本愛、舞台初出演!「月刊『根本宗子』」新作で夢追う少女役に
メニュー

橋本愛、舞台初出演!「月刊『根本宗子』」新作で夢追う少女役に

2016年4月29日 12:00

舞台初出演となる橋本愛

舞台初出演となる橋本愛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の橋本愛が、根本宗子が主宰する劇団「月刊『根本宗子』」の新作「夢と希望の先」で舞台初出演を飾ることがわかった。夢を追って上京してきた少女に扮し、NHK大河ドラマ「真田丸」の織田信忠役で知られる玉置玲央、女性アイドルグループ「BiS」の元リーダーであるプールイ、コントユニット「夜ふかしの会」のメンバー・鬼頭真也らと共演する。

2006年に当時19歳の根本が旗揚げした「月刊『根本宗子』」は、根本自身が全作品の脚本・演出を手がける注目の劇団。13回目の本公演となる「夢と希望の先」は、劇団史上初めて東京・下北沢の本多劇場で上演されるだけに、根本は「ようやく本多劇場までたどり着きました。旗揚げから8年かかりました」とコメントを寄せている。

また今作は、約2年前に執筆された「夢も希望もなく。」が下敷きになっており、根本は「10年前と10年後のシーンが2時間同時進行し続けるという戯曲と演出で、2年前死ぬほど稽古した記憶があります」と振り返る。物語を「夢を追い地方から上京してきた2人の少女の人生が、才能の欠片もない1人の男によって大きく左右される話です」と説明し、「そんな2人の少女を橋本愛さんとプールイさんが、ダメ男役を玉置玲央さん(10年前)と鬼頭真也さん(10年後)に演じて頂きます。メインキャストが4人とも初めての方々ですが、キャスティングは一切迷わず決めました」と出演陣を紹介した。

さらに、「2年前より、より濃密な感情の情報量の多い芝居になるのではないかなと、今からとても楽しみです」と公演を心待ちにしている様子。そして、「やっとここまで来たから、今の自分の思いと2人の少女の感情を重ね、この『夢と希望の先』が私の代名詞になるような作品になるようにしたいです」と意気込みを明かしている。

「夢と希望の先」は、9月28日~10月2日に下北沢・本多劇場で上演される。チケットは、各プレイガイドにて8月上旬に発売開始。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi