向井理×堤幸彦、パロディ満載ミステリーで連ドラ初タッグ!木村文乃&佐藤二朗共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月28日 > 向井理×堤幸彦、パロディ満載ミステリーで連ドラ初タッグ!木村文乃&佐藤二朗共演
メニュー

向井理×堤幸彦、パロディ満載ミステリーで連ドラ初タッグ!木村文乃&佐藤二朗共演

2016年4月28日 06:00

3人の男女が温泉地めぐるコミカルミステリー

3人の男女が温泉地めぐるコミカルミステリー
(C)TBS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の向井理と「トリック」シリーズの堤幸彦監督が、TBSドラマ「神の舌を持つ男」で連続ドラマ初タッグを組むことがわかった。堤監督が構想に20年を費やしたミステリー作品で、ギャグやパロディ満載の“堤ワールド”が繰り広げられる。木村文乃佐藤二朗が脇を固め、2時間サスペンスの女王が続々と登場するという。

物語の舞台は、全国の秘湯と呼ばれる温泉地。ひょんなことから知り合った3人の男女が、1台のボロ車に乗って宿を渡り歩きながら、謎の温泉芸人「みやび」を探し求めて旅する姿を描いたコミカルミステリーだ。

向井はダサくて世間知らずだが、どこか憎めない男・朝永蘭役に扮し、行く先々で必ず巻き込まれる事件の謎解きに挑む。演出を手がける堤監督とは舞台や映画、単発ドラマで仕事をしてきたが、連ドラのタッグは初めて。「今までの集大成ともいえます」と豪語し、「すべての作品に堤ワールドがありますが、今回の作品は僕が一番好きな“堤幸彦ワールド”が満載なので、こんなに堤さんのにおいがいっぱいするドラマに呼んでもらって、本当にうれしいです。初めてお仕事するような気持ちでやらせてもらっています」と語っている。


画像2

(C)TBS
[拡大画像]

さらに向井とは連ドラ初共演となる木村は、サスペンスドラママニアのハイテンション女・甕棺墓光(かめかんぼひかる)役。「お話毎に変わる統一性皆無の衣装と、普段の私からは想像もできないハイテンションさ、コメディのなかにしっかりと人間を描いているドラマになっていますので、存分にお楽しみいただけたらと思います」とアピールする。さらに個性派の佐藤が、鋭いツッコミで場をしめる唯一の人格者・宮沢寛治役を演じ、「堤さんは僕を映像の世界に招いてくれた、扉を開けてくれた人でして、その人のもと、この作品に関われるのは、なにか運命的なものを感じます」とコメントを寄せている。

「神の舌を持つ男」は、「相棒」シリーズの櫻井武晴が脚本、「SPEC」シリーズの植田博樹氏がプロデューサーを務めている。7月から金曜ドラマ枠で放送開始。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi