シネクイントが8月7日で休館、今後は検討中 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月28日 > シネクイントが8月7日で休館、今後は検討中
メニュー

シネクイントが8月7日で休館、今後は検討中

2016年4月28日 22:00

[映画.com ニュース] パルコが運営する渋谷の映画館「シネクイント」が、8月7日を最後に、休館することが明らかになった。

パルコはこのほど、昨年12月に決定した「宇田川町15地区開発計画」における都市計画に伴い、渋谷パルコ(パート1、パート3)を建て替えのため8月7日で一時休業すると発表。これに合わせて、パート3の8階に入居する「シネクイント」も休館する。建て替え終了後については、現在検討中だという。開発計画は、2019年秋に開業を予定している。

シネクイントは、多目的ホール「スペースパート3」を前身とし、1999年7月に映画常設館としてスタート。単館系洋画作品や、話題の邦画作品を多く上映してきた。休館までの今後の上映ラインナップは、4月29日から「追憶の森」(東宝東和配給、パルコ+ハピネット提供)、6月11日から「エクス・マキナ」(ユニバーサル作品、パルコ配給協力)、7月から「SING STREET(原題)」(ギャガ配給)を予定している。

映画館の運営は一旦幕を閉じるが、パルコの映像チームでは、海外作品の買付、邦画やODSへの出資参加に留まらず、多角的な映像ビジネスを展開していく考え。(文化通信)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi