大泉洋、松坂桃李がZQN役に名乗りを上げたことを明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月28日 > 大泉洋、松坂桃李がZQN役に名乗りを上げたことを明かす
メニュー

大泉洋、松坂桃李がZQN役に名乗りを上げたことを明かす

2016年4月28日 18:00

この日も“舌好調”だった大泉洋「アイアムアヒーロー」

この日も“舌好調”だった大泉洋
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の大泉洋が4月28日、都内で行われた主演映画「アイアムアヒーロー」の上映会に出席した。

本作はR-15指定にも関わらず、公開から2日間で興行収入2億円を突破。4月23~24日の国内映画ランキングでは、実写映画では1位を獲得したため、大泉は「実写ではプリオ(レオナルド・ディカプリオ主演『レヴェナント 蘇えりし者』)をおさえちゃいました。向こうはクマ、私はZQN(ゾキュン)と戦っていますから」と自信の表情。そして、「ZQN役で出たいって方が役者さんにいっぱいいました。松坂桃李君がえらい出たがっていました。香取慎吾さんには『続編ないすか』って随分言われた」と芸能界での評判も明かした。

さらに、ファンが大泉に本作への思いをぶつけ、最も熱い「アイアムアヒーローファン」に劇中衣装をプレゼントするというコーナーでも、「パニック映画で主人公の成長も描いているのはめずらしい」「主人公がだんだんかっこよくなったのは、現代社会でもヒーローな大泉さんが演じたからこそ」など称賛の声が多数寄せられた。すっかり上機嫌になった大泉は、「それから? もっと欲しがっていますよ」と何度もリクエスト。最終的に「原作を超える演出が素晴らしかったが、何よりも出演されているのが大泉洋大先生ということで!」とほめちぎった観客を1番のファンに任命し、「みえすいたヨイショに弱いんです」とおどけていた。

イベント終盤には、この日が本作の最後のイベントであり、ゴールデンウィーク直前ということで「ちまたにはゴキブリと戦ってみたり、クマと戦ってみたり、ウサギが出たり、尻を出す子どもだったり、子どもか大人かわからない奴が事件解決したり、そういう映画があふれているが、やっぱりZQNなんだ! ヒーローが寄ってたかって集まってくる映画もあるみたいですけど、ヒーローは1人でいいんだよ!」と拳を振り上げ主張していた。

映画は、冴えない漫画家アシスタント・鈴木英雄が、多くの人々が謎の感染によってZQNと呼ばれる人を襲う生命体になってしまった日本を舞台に、大切な人を守るために奮闘する姿を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi