「オオカミ少女と黒王子」原作と映画の名シーン対比 back numberの主題歌が盛り立てる特別映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月27日 > 「オオカミ少女と黒王子」原作と映画の名シーン対比 back numberの主題歌が盛り立てる特別映像
メニュー

「オオカミ少女と黒王子」原作と映画の名シーン対比 back numberの主題歌が盛り立てる特別映像

2016年4月27日 12:00

人気漫画を実写化した「オオカミ少女と黒王子」「オオカミ少女と黒王子」

人気漫画を実写化した「オオカミ少女と黒王子」
(C)八田鮎子/集英社
(C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 二階堂ふみ山崎賢人の主演で八田鮎子氏の人気少女コミックを実写映画化する「オオカミ少女と黒王子」の特別映像が公開された。原作コミックと映画本編を照らし合わせた映像に、人気バンド「back number」による主題歌「僕の名前を」が流れる、映画×原作×主題歌のトリプルコラボレーション映像になっている。

同作は、恋愛経験ゼロにもかかわらず、見栄っ張りのため「彼氏がいる」と嘘をついた女子高生の篠原エリカ(二階堂)が、学校一のイケメンでドSの佐田恭也(山崎)に振り回される姿を描く恋愛映画。原作は「別冊マーガレット」で連載され、単行本既刊15巻の累計発行部数が540万部を突破する人気作品だ。

映像では、「勝手に傷つけられると腹立つんだよね」「おまえ、俺の彼女なんだからだまって守られてりゃいいんだよ」といった、恭也のドSぶりがうかがえる、原作漫画の人気の名セリフや名シーンを紹介。それらの場面を実際に映像化した、映画の本編シーンがあわせて映し出される。

また、ドSな発言の裏側に隠れた恭也の優しさに気づき、戸惑いながらも惹かれていくエリカの心情に呼応するように、主題歌「僕の名前を」の優しく切ないメロディに乗って始まる。同曲は「映画の内容そのままではなく、広く誰にでも当てはまるような愛の歌、例えば男性が愛する女性に、今まで積もった愛を結婚式で表現するような曲を」という思いから作られたという。映像のラストには、恭也が必死にエリカを探すシーンが収められており、恭也が心の中で抱いていたエリカへの思いが、同楽曲によって盛り立てられている。

オオカミ少女と黒王子」は5月21日公開。主題歌「僕の名前を」は、映画公開に合わせて5月25日にリリースされる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi