二階堂ふみ、相手役の山崎賢人を差し置いて吉沢亮にラブコール!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月27日 > 二階堂ふみ、相手役の山崎賢人を差し置いて吉沢亮にラブコール!?
メニュー

二階堂ふみ、相手役の山崎賢人を差し置いて吉沢亮にラブコール!?

2016年4月27日 20:38

吉沢亮の魅力を熱弁した二階堂ふみ「オオカミ少女と黒王子」

吉沢亮の魅力を熱弁した二階堂ふみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 二階堂ふみ山崎賢人が4月27日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われた主演映画「オオカミ少女と黒王子」のジャパンプレミアに、共演の鈴木伸之門脇麦横浜流星池田エライザ玉城ティナ吉沢亮菜々緒廣木隆一監督とともに出席した。

累計発行部数460万部を突破した八田鮎子氏の人気漫画を実写映画化した本作は、彼氏がいると嘘をついた見栄っ張りな女子高生・篠原エリカ(二階堂)が、学校一のイケメンだが実はドSの佐田恭也(山崎)に振り回されるラブコメディ。

登壇者が順番に挨拶する場面で、吉沢の番が回ってきた瞬間、「イケメン」と声を漏らしていたことを司会から指摘された二階堂は、「(客席に)いっぱいうちわがあるなかに、『お亮』みたいに書いてあるうちわがあるじゃないですか。私もそこに混ざってお亮って言いたい」と告白。さらに、「現場ではメガネをかけていらっしゃったんですけど、輝きがぼろぼろこぼれていて。平成のアラン・ドロンのような輝きがある」と吉沢の魅力を熱弁したが、我に返ると慌てて「そういう風に言うと誰と誰の話しなんだって感じですけど(笑)。みんなイケメンでしたし、みんな可愛かったです」とフォローしていた。

一方の山崎は、相手役である二階堂の支持は得られなかったものの、劇中の殺し文句「3回まわってお手からワンだな」を生で披露し、客席のハートはしっかりキャッチ。黄色い歓声を浴びながら、「役でしかできないキャラクターなので、恭也でいる時は楽しんでいました。現場で探りながら、楽しんでやっていました」と明かした。そして「見栄を張って嘘はついちゃっても、自分の気持ちに嘘はついちゃだめだなと思いました。……ちょっと良いことを言いたくなっちゃった」と照れ笑いを浮かべると、他の男性キャストから一斉に「ドヤ顔だったな」とツッコまれていた。

オオカミ少女と黒王子」は5月28日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi