渡辺謙「追憶の森」で初共演のマシュー・マコノヒーは「自分と似ているタイプの俳優」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月27日 > 渡辺謙「追憶の森」で初共演のマシュー・マコノヒーは「自分と似ているタイプの俳優」
メニュー

渡辺謙「追憶の森」で初共演のマシュー・マコノヒーは「自分と似ているタイプの俳優」

2016年4月27日 12:00

マシュー・マコノヒーとは 家族を紹介し合う仲だという「追憶の森」

マシュー・マコノヒーとは
家族を紹介し合う仲だという
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」(1997)、「ミルク」(08)などで知られるガス・バン・サント監督がメガホンをとった「追憶の森」のプレミアが4月26日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、出演した渡辺謙が登壇したほか、主演マシュー・マコノヒーがビデオメッセージを寄せた。

舞台は、富士山麓に広がる青木ヶ原樹海。心に深い傷を負い、人生を終わらせようと樹海を訪れたアメリカ人アーサー(マシュー・マコノヒー)は、樹海から抜け出そうとさまよう日本人タクミ(渡辺)と出会う。2人は樹海で過ごすうちに仲を深めていき、やがてアーサーは樹海への旅を決意させた自分の過去を語り始める。

渡辺は、初共演となるマコノヒーについて「似ているタイプの俳優。準備はするけれど、そこで生まれるものに対して的確に拾って返す。(共演中)お互いにプロの仕事をしているなと感じた」と真面目な口調で振り返った。だが、マコノヒーは映像内で「あんなにユーモアがあるとは」「舞台で一緒にミュージカルをやろう」「お孫さんが生まれるんだってね」「渋谷でも撮影したんだけど、僕に気づいてくれたのは300人中1人くらい。これがケン(渡辺)だったら、299人が気づいただろうね」と渡辺をいじり倒し、ブロードウェイミュージカル「王様と私」の再演を終えたばかりで、本作でも歌声を披露している渡辺に歌をリクエストした。

終始ご機嫌のマコノヒーに「映画の話をしようよ!」と苦笑した渡辺は、「撮影中に『この後はミュージカルに出演する』と言ったら(マコノヒーに)『マジかよ』みたいな顔をされた」と苦笑い。来日中には「マシューはテキサス出身だから、肉を食わせようと焼肉屋に連れて行った」と仲むつまじいエピソードを披露した。

本作の脚本を受け取った際には、東日本大震災直後でもあり「どうやって死を受け止めるのか」を描いた作品への出演にためらいがあったという。そんな折、バン・サント監督がメガホンをとることになり「シリアスながら、メルヘンかつセンチメンタルな作品にしてくれるだろうと思ってお受けした」と明かした。日本人キャストとして、青木ヶ原樹海の神社の文字から立て看板の監修まで積極的に携わり、世界観の構築にも尽力した渡辺は、「人はどこに安住の地があるんだろうと悩み続けるような時代に差し掛かっている。そのなかで一瞬足を止めて、今自分がいる場所や、誰が自分を支えてくれているのかを確認するための映画。とにかく、『よかったよ』と一言伝えてもらえると幸せです」と締めくくった。

追憶の森」は、ナオミ・ワッツが、アーサーの妻ジョーンを演じる。4月29日から全国公開。

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち[Blu-ray/ブルーレイ] グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 癒されない孤独を抱える2人の男の心の交流を描いた、マット・デイモン、ベン・アフリック共同脚本で贈る珠玉のハートウォーミング・ムービー。
ミルク[DVD] ミルク[DVD] 最安価格: ¥3,201 1970年代のアメリカ、同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職に就いたハーヴィー・ミルクの波乱に満ちた短い人生を感動的に描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi