志田未来、映画「青空エール」出演で「制服を着るのは最後かも」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月25日 > 志田未来、映画「青空エール」出演で「制服を着るのは最後かも」
メニュー

志田未来、映画「青空エール」出演で「制服を着るのは最後かも」

2016年4月25日 17:00

映画「青空エール」で主人公の先輩役に「青空エール」

映画「青空エール」で主人公の先輩役に
(C)2016 映画「青空エール」製作委員会
(C)河原和音/集英社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手実力派女優の志田未来が、土屋太鳳主演で河原和音氏の人気漫画を実写映画化する「青空エール」に出演していることが発表された。数々の学園もので制服姿を披露してきた志田も来月で23歳。「制服を着るのはこれが最後かもしれません」とコメントを寄せた。

2012年の「ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日」以来、3年半ぶりの高校生役に挑んだ志田は、「自分でも制服姿がすごく似合っているなって思います(笑)」と自信ありげ。「まだまだ着られるとは思いますが、年相応の役を演じていきたいし、新しい役にもどんどん挑戦していきたい」と学生服の着納めを示唆した。

そんな志田が演じるのは、主人公を厳しくも優しく指導する、吹奏楽部の先輩・森優花。台本を読み「こんな青春を送れたらよかったな」とうらやましく思ったそうで、「先輩役として、引っ張っていけるように必死で頑張りたいと思います!」と意気込み十分。トランペットの練習を始めた当初は苦戦したと言うが、「ひたすら家で自主練を重ねて、今では『音楽って楽しい!』って思うようになりました」と語っている。

甲子園で野球部を応援する吹奏楽にあこがれ、初心者ながらも吹奏楽部に入部しトランペットを始める主人公つばさを土屋、つばさと引かれ合い、応援し合いながら夢に向かって進む野球部員・山田大介役を竹内涼真、つばさの吹奏楽部の仲間・水島亜希を葉山奨之が演じる。共演には、堀井新太小島藤子松井愛莉平祐奈山田裕貴らが名を連ね、「アオハライド」「僕等がいた」2部作の三木孝浩監督が、青春の輝きを描き出す。

青空エール」は8月20日から全国公開。

アオハライド Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] アオハライド Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,506 原作:咲坂伊緒のベストセラーコミックスが実写映画化!
僕等がいた 前篇 スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 僕等がいた 前篇 スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 平成16年度第50回小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞した人気コミック『僕等がいた』が実写映画化!まばゆい初恋を描く“出会い”の前篇を収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi