1番人気はバットマン?スーパーマン?日本ではワンダーウーマン!本編登場シーン独占入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月22日 > 1番人気はバットマン?スーパーマン?日本ではワンダーウーマン!本編登場シーン独占入手
メニュー

1番人気はバットマン?スーパーマン?日本ではワンダーウーマン!本編登場シーン独占入手

2016年4月22日 19:30

3大ヒーローがそろい踏み!「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

3大ヒーローがそろい踏み!
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
, RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] DCコミックスの2大ヒーローが激突する「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(公開中)の本編映像を、映画.comが独占入手した。「ワイルド・スピード」シリーズ(第4作から第7作)のガル・ギャドット演じる女戦士“ワンダーウーマン”の登場シーンを切り取っており、日本でのワンダーウーマンの人気の高さを受けて、特別に公開が許可されたものだ。

ワンダーウーマンはDCコミックスの古株キャラクターで、古くからのファンにとっては念願の登場といえる。加えて、配給元が日本で本作を鑑賞したTwitterユーザーのコメントを中心に集計した満足度ランキングでは、ワンダーウーマンを支持するものが全体の32パーセントを占めたといい、日本の映画ファンの心をつかんだといえる。

公開された映像は、ワンダーウーマンの最大の見せ場ともいえるシーン。ダイアナ・プリンスと名乗り正体をひた隠してきたワンダーウーマンが、バットマンとスーパーマンの窮地にさっそうと駆けつけるさまが描かれる。抑えていた力を解放したワンダーウーマンは、スーパーマンを倒すために生み出された怪物“ドゥームズデイ”を圧倒。ビルを破壊するドゥームズデイの光線を素手で跳ね返し、死ぬ寸前だったバットマンの命を救うだけでなく、強力な衝撃波を繰り出して形勢を逆転させる。

ザック・スナイダー監督によるダイナミックな映像に加え、「ダークナイト」シリーズ(2005~12)、「マン・オブ・スティール」(13)の作曲家ハンス・ジマーと、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(15)、「デッドプール」(6月1日公開)のジャンキー・XLによるクールなスコアが、ワンダーウーマンの“無双っぷり”を盛り上げている。前出の満足度ランキングでは、今回のシーンでの音楽を高評価するユーザーも多く、ワンダーウーマンの人気ぶりを補完する形となっている。

本作を皮切りに、単独映画「ワンダーウーマン(原題)」の公開が17年に予定されており、スーパーヒーローたちがチームを組む「ジャスティス・リーグ」2部作(17年、19年公開予定)にも登場することから、今後ますますワンダーウーマンの人気が上がっていくと予想される。なお、「ワンダーウーマン(原題)」では、1918年を舞台に、ダイアナがワンダーウーマンになるまでの成長過程が描かれるという。

マン・オブ・スティール[Blu-ray/ブルーレイ] マン・オブ・スティール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 地球をめぐり最強のヒーローと最凶の侵略者とのバトルを驚愕のスケールで描く、アクション・エンターテイメント。
マッドマックス 怒りのデス・ロード[Blu-ray/ブルーレイ] マッドマックス 怒りのデス・ロード[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 自由と生き残りを賭けた“MAD”な戦いを描くバイオレンス・アクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi