「伽椰子」の家に「貞子」が“来る……きっと来る”!ガチ対決予告編&ポスター公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月22日 > 「伽椰子」の家に「貞子」が“来る……きっと来る”!ガチ対決予告編&ポスター公開
メニュー

「伽椰子」の家に「貞子」が“来る……きっと来る”!ガチ対決予告編&ポスター公開

2016年4月22日 17:00

にらみ合う両者が印象的なポスター「貞子vs伽椰子」

にらみ合う両者が印象的なポスター
(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「リング」の貞子と「呪怨」の伽椰子、Jホラーを代表する2大キャラクターが激突する「貞子vs伽椰子」の予告編とポスタービジュアルが、公開された。

偶然手にしたビデオデッキを再生した女子大生・有里(山本美月)は、貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死ぬという“呪いの動画”の呪縛にとらわれてしまう。一方、親の転勤で引っ越したばかりの女子高生・鈴花(玉城ティナ)は、入ったら行方不明になるという“呪いの家”に足を踏み入れ、伽椰子とその息子・俊雄の標的になる。共に呪いをかけられた2人を救うため立ち上がった霊媒師・経蔵(安藤政信)は、貞子と伽椰子を戦わせるという秘策に打って出る。

予告編では、“最恐対決”にふさわしく、伽椰子と俊雄の住む“呪いの家”のテレビから貞子がはい出てくる光景や、伽椰子が呪いのビデオを握りつぶす姿、貞子が髪の毛を伸ばし伽椰子を絞めつける様子など、ショッキングかつファン心をくすぐるシーンが次々と登場する。「聖飢魔II」による主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」も流れ、両者の対決を盛り上げている。同時に、有里と鈴花がそれぞれに呪いを受けるまでを追い、入浴中の有里が恐怖に襲われるさまや、“呪いの家”に足を踏み入れた鈴花が奇怪な何者かと遭遇するシーンを収める。

ポスタービジュアルでは、貞子と伽椰子が向かいあって威嚇(いかく)しあうというより直接的な演出がなされており、山本、玉城、安藤のシリアスな表情と「呪い勝つのはどっちだ!?」というキャッチコピーが、対決の“スペシャル感”をあおっている。

貞子vs伽椰子」は、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズ(2012~15)や「ボクソール★ライドショー」(16)などホラー作品を多数手がける白石晃士監督がメガホン。なお、本作は、4DX、MX4Dに加えて、立体音響システム「ドルビーアトモス」上映も決定。これは、日本映画では「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」(15)、「リップヴァンウィンクルの花嫁」(16)に続く3本目の試みとなる。6月18日から全国公開。

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦[Blu-ray/ブルーレイ] THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,502 アニメ「機動警察パトレイバー」が長編となって実写化!劇場版アニメ『機動警察パトレイバー2 the Movie』の後日が描かれているファン必見のストーリー作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi