ゴリ、監督・主演作で粟国島に残る「洗骨」文化を描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月22日 > ゴリ、監督・主演作で粟国島に残る「洗骨」文化を描く
メニュー

ゴリ、監督・主演作で粟国島に残る「洗骨」文化を描く

2016年4月22日 14:35

監督作への思いを語ったゴリ(左)ら「born、bone、墓音。」

監督作への思いを語ったゴリ(左)ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ガレッジセール」のゴリが4月22日、「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」が開催中の那覇・桜坂劇場で上映された、監督・主演作「born、bone、墓音。」の舞台挨拶に登壇した。

地域発信型映画 supported by ひかりTVとして製作された同作は、粟国島に残る風習「洗骨」をテーマに描かれている。新婚の等(ゴリ)は、嫁の優子(佐藤仁美)を紹介するために故郷の粟国島へ帰るが、本当の理由を聞いた優子は激怒。その理由は、父親の骨を洗うことだった。

ゴリは、「粟国島で地域映画が撮れると聞いて、塩工場を舞台にしようと思っていたら洗骨文化がまだ残っていると聞いてビックリした」という。そして、「台本を全てちゃらにして、島に足を運んで洗骨を体験したおじい、おばあに話を聞かせてもらったりした。芸人が撮る映画ですから、シリアスにせずハートフルコメディにしたかった。そんな思いを皆さんにも感じて頂けたらいいな」と製作意図を明かしていた。

なお、この日は「川港川人の友達」「わたしの宝もの」「伊江島取材特報 消えたタッチューとチカラタンナーパ」との同時上映だった。「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」は、24日まで開催。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi