林遣都、又吉原作ドラマ「火花」猛アピール 世界配信6月3日まで「映画やドラマ見ないで」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月21日 > 林遣都、又吉原作ドラマ「火花」猛アピール 世界配信6月3日まで「映画やドラマ見ないで」
メニュー

林遣都、又吉原作ドラマ「火花」猛アピール 世界配信6月3日まで「映画やドラマ見ないで」

2016年4月21日 22:40

客席は満員の大盛況「火花」

客席は満員の大盛況
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 又吉直樹(ピース)の芥川賞受賞作を実写化するNetflixの連続ドラマ「火花」が4月21日、沖縄県で開幕した「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」で特別上映された。主演の林遣都波岡一喜をはじめ門脇麦、好井まさお(井下好井)、村田秀亮(とろサーモン)、廣木隆一総監督は、那覇・桜坂劇場での舞台挨拶に臨んだ。

同作は、売れない芸人の徳永と先輩芸人で天才肌の神谷の2人が、様々な人との関わり合いの中で「笑いとは何か」「生きるとは何か」を模索していく姿を、全10話・約450分のドラマとして映像化。廣木総監督(第1、9、10話を監督)のもと白石和彌沖田修一久万真路毛利安孝という実力派監督が演出を手がけ、徳永を林、神谷を波岡が演じている。6月3日からは、190の国と地域で同時ストリーミングされる。

林は、地声で「ハイサーイ!」と挨拶。この日は第3話までの上映と聞き、「このドラマは芸人さんの10年間を10話までで描いた作品。今日見て頂いた方は、気持ちを切らしてほしくないので6月3日まで、映画やドラマを見ないで! もしくは6月3日に配信されたら一気に見て頂きたいです」と猛アピールを展開した。

撮影で4カ月間をともにしただけに、キャスト陣の息はぴったり。林が「去年すごい日本中で大騒ぎになった作品で、僕もテレビで又吉さんの会見を見ていた。『すぐに映像化されるんだろうなあ』『誰かがやるんだろうなあ』と思っていて、それからは『関西弁できます!』とアピールし続けた」と振り返ると、波岡も「波岡演じる神谷ではなく、波岡が神谷になるということを意識していった」と役作りを告白。ヒロイン役の門脇は「原作を読んで、男性が理想とするような良い面ばかりが描かれていて、脳内キャスティングでは完全に私ではなかった」とこぼし、場内の笑いを誘っていた。

ほか、同作には菜葉菜山本彩(NMB48/AKB48)、染谷将太田口トモロヲ小林薫渡辺哲渡辺大知温水洋一高橋メアリージュン山本浩司徳永えり嶋田久作武田梨奈らが出演している。「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」は、4月24日まで開催。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi