ノルウェーの刑務所は一軒家!?「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」本編映像が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月19日 > ノルウェーの刑務所は一軒家!?「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」本編映像が公開
メニュー

ノルウェーの刑務所は一軒家!?「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」本編映像が公開

2016年4月19日 12:00

受刑者の後ろのナイフにヒヤヒヤのマイケル・ムーア監督「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」

受刑者の後ろのナイフにヒヤヒヤのマイケル・ムーア監督
(C)2015, NORTH END PRODUCTIONS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 過激なアポなし突撃取材で知られるマイケル・ムーア監督の最新ドキュメンタリー映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」の本編映像から、世界で最も再犯率が低いとされるノルウェーの刑務所への潜入取材の様子が公開された。

アメリカの復権をかけ、ヨーロッパの“ジョーシキ”を略奪することになったムーア監督は、ノルウェーのバストイ刑務所を訪れて早々、Tシャツにタンガリーシャツを羽織った囚人に驚きを隠せない様子。宿舎は快適そうな二階建ての一軒家で、窓の外には牧歌的な風景が広がっており、鍵の管理は受刑者が行っているという。さらに、台所にはナイフや包丁がズラリ。その目の前で、殺人罪で11年の刑期に服している受刑者にインタビューするムーア監督は心配そうだが、相手は平常心だと笑顔を浮かべ、別の受刑者も「調理器具は武器じゃない。料理の腕を振るうだけだ」と上機嫌で、巨大なクレーバーナイフを紹介している。

ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」などで米国の社会問題に切り込んできたムーア監督は、度重なる侵略戦争がよい結果をもたらさなかったことを認めた米国防総省幹部の切実な話を聞き、同省に代わり自らが“侵略者”となることを提案。あまりに開放的で自由なノルウェーの刑務所にあ然としていたムーア監督だが、フランスやドイツでも驚がくの“ジョーシキ”を目の当たりにする。5月27日から全国公開。

ボウリング・フォー・コロンバイン[Blu-ray/ブルーレイ] ボウリング・フォー・コロンバイン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,691 1999年4月20日、コロラド州リトルトンのコロンバイン高校で起きた、少年二人による銃乱射事件を機に見えたアメリカ銃社会の現状。なぜ銃を捨てる事ができないのか? そんな根本的な問いに“マイケル・ムーア”が自慢の突撃取材でタブーとされてきた銃社会アメリカの病理を暴く!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi