「美しい熊本を取り戻したい」行定勲監督が復興への尽力誓う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月19日 > 「美しい熊本を取り戻したい」行定勲監督が復興への尽力誓う
メニュー

「美しい熊本を取り戻したい」行定勲監督が復興への尽力誓う

2016年4月19日 18:00

会見に出席した行定勲監督「うつくしいひと」

会見に出席した行定勲監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 熊本出身の行定勲監督が4月19日、東京・日比谷の日本外国特派員協会で開催された「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016」(SSFF&ASIS)の特別会見に出席。地震で甚大な被害を受けた故郷での体験談を語るとともに、「美しい熊本を取り戻したい」と復興への尽力を誓った。

15日から熊本に帰省した行定監督は、この日の午前中に福岡から戻ったばかり。16日未明の本震を経験し、東京でもちょっとした建物のきしみなどに敏感になっていると明かした。電気・水道がいまだ復旧していない現地で、同郷の俳優・高良健吾をはじめ、自身がディレクターを務める菊池映画祭のメンバーたちと給水活動を行ったことを報告するとともに、「どのように復興への道をたどるのかを模索していきたい」と決意をにじませ、「皆さんの知恵を貸していただければ」と呼びかけた。

行定監督は、「くまもと映画プロジェクト」として制作した「うつくしいひと」がSSFF&ASIS 2016のクロージング作品として特別上映されることから、会見に駆け付けた。昨年10月に撮影された本作には熊本城の姿も収められており、「この映画を撮ってくれてありがとう」という被災者の涙ながらの感想に、胸を痛めながらも「撮っておいてよかった」という複雑な心境だと告白。本編は、4月22日まで公式サイト(http://kumamotoeiga.com/)で特別配信されているが、公開に向け積極的に働きかけると同時に、チャリティも絡めた展開も検討中だという。

SSFF&ASISを主宰する俳優の別所哲也は、「映像が人と人とをつないでいく映画祭が復興の一助となれば」と真摯に語った。ショートショートフィルムフェスティバル&アジアは、米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭。第18回となる今年は、6月2日~26日に東京・横浜の全6会場で開催される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi