近藤春菜、マイケル・ムーア監督作の宣伝隊長に!コスプレ披露し「本人の公認ほしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月19日 > 近藤春菜、マイケル・ムーア監督作の宣伝隊長に!コスプレ披露し「本人の公認ほしい」
メニュー

近藤春菜、マイケル・ムーア監督作の宣伝隊長に!コスプレ披露し「本人の公認ほしい」

2016年4月19日 16:00

マイケル・ムーア監督じゃねーよ!「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」

マイケル・ムーア監督じゃねーよ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜箕輪はるかが4月19日、都内で行われた映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」のイベントに出席。この日は、2人が今作の宣伝隊長に就任することが発表された。

MCから「マイケル・ムーア監督です」と紹介されると、近藤は「マイケル・ムーア監督じゃねーよ!」と“お約束ネタ”で会場を盛り上げる。ムーア監督風のコスプレで登場しただけに、「この格好をしているのに否定する、新しいパターン。何年も言わせていただいていて、初めてオフィシャルのお仕事ですから、ありがたいですよ」とノリノリで、「改めて似ていると自分でも思いましたね」と自画自賛していた。

映画では、ムーア監督が「休日の部下への連絡が法律違反になるドイツ」など、世界各地の常識を突撃取材する。劇中に日本の常識は登場しないため、近藤は「残念ですよ。日本に来てもらいたかったし、マイケル・ムーア監督に私の姿を見て欲しかった」とガックリ。続けて箕輪から「2人が出会ったらどうなるんでしょう?」と問われると、「ボン! って消えるでしょうね。『ぷよぷよ』方式ですよ」と言い放ち、場内の笑いを誘っていた。

さらに箕輪は、「春菜をマイケル・ムーア監督の“日本バージョン“として認定してもらいたい」と唐突にリクエスト。これを受けた近藤は「(ネタの)許可を取っていないので、本人の公認がほしいよね」と同調し、「あわよくば監督に『近藤春菜じゃねーよ!』と言ってもらえれば最高です」と野心をのぞかせていた。

一方で近藤は、「フランスの小学校は給食がフランス料理のフルコースで、食育を大事にしていると思いました。小さいころからいいものを食べていたら、食に対する興味もわきますし、栄養や体のことを考えたりできますから、素敵ですね」と映画のアピールも忘れない。また、熊本を中心に発生した地震に触れ「気分を一瞬でも変えていただいて、くすっと笑えるようにできたらいいなと思います」とエールを送った。「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」は、5月27日から公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi