神山健治監督5年ぶりの長編作「ひるね姫 知らないワタシの物語」17年公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月18日 > 神山健治監督5年ぶりの長編作「ひるね姫 知らないワタシの物語」17年公開
メニュー

神山健治監督5年ぶりの長編作「ひるね姫 知らないワタシの物語」17年公開

2016年4月18日 08:00

主人公・森山ココネとハーツのデザイン画「ひるね姫 知らないワタシの物語」

主人公・森山ココネとハーツのデザイン画
(C)2017 ひるね姫製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 神山健治監督が、自身のオリジナル脚本で描く最新作「ひるね姫 知らないワタシの物語」の製作に取り組んでいることが明らかになった。2017年、ワーナー・ブラザース映画の配給で公開され、神山監督にとっては12年の「009 RE:CYBORG」以来5年ぶりの長編監督作となる。

「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズや「東のエデン」「精霊の守り人」など、革新的なアイデアやディテールにこだわったアニメーション作品を送り出す神山監督が新たに手がける同作は、2020年の東京オリンピックを目前にした岡山が舞台となる。ストーリーなど内容の詳細は明らかにされていないが、神山監督は「重苦しい現実と対峙していかなければならない時代に、アニメーション映画がやるべきことは何か? 自問自答していたある日、『自分の娘に見せたい映画を作ったらどうだ』と言われふっと天真爛漫(らんまん)な女の子とお父さんの物語が浮かんできました」と今作の着想点について明かしており、「でもこれがなかなか一筋縄ではいかずどうしたら娘に見てもらえるかを考えながら奮闘する毎日でした。この物語は、あるミニマムな個人の思いに寄りそった『父と娘の物語』です」と語っている。


舞台となる岡山県・児島の背景美術画「ひるね姫 知らないワタシの物語」

舞台となる岡山県・児島の背景美術画
(C)2017 ひるね姫製作委員会
[拡大画像]

あわせて、主人公となる少女・森山ココネと、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」のデザイン画、そして舞台となる岡山県・児島の背景美術画が1点ずつ公開。キャラクター原案は「猫の恩返し」の森川聡子、ハーツのデザイン原案は「ベイマックス」のコヤマシゲトが手がけている。アニメーション制作は、Production I.Gなどと同じIGポートグループの1社で、14年に設立された新鋭のシグナル・エムディ(Signal-MD)が担当する。

009 RE:CYBORG 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 009 RE:CYBORG 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 SF・サイボーグマンガの原点、天才漫画家・石ノ森章太郎が遺した未完の傑作『サイボーグ009』が、新たなスタッフ&キャストによって生まれ変わった劇場アニメ!
猫の恩返し/ギブリーズ episode2[Blu-ray/ブルーレイ] 猫の恩返し/ギブリーズ episode2[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,060 トラックに轢かれそうになった猫を助けた少女が猫から恩返しを受ける「猫の恩返し」と、架空のアニメーション制作会社の日常を綴ったコメディー「ギブリーズ episode2」の2作品を収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ライフの評論 ライフ 「エイリアン」の衣鉢を継ぐ宇宙サスペンスは、予想をくつがえすラストがトラウマ級!
  • オクジャ okjaの評論 オクジャ okja 活劇の醍醐味に満ち、国境もジャンルも自在に超える少女と巨大怪物の大冒険
  • ヒトラーへの285枚の葉書の評論 ヒトラーへの285枚の葉書 兵役で息子を失った夫婦の孤独な抵抗。映画化に至る経緯も奇跡的
映画評論の一覧を見る
Jobnavi