ジェームズ・フランコがレズビアン・バンパイア映画を制作総指揮、トリ・スペリングと共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月16日 > ジェームズ・フランコがレズビアン・バンパイア映画を制作総指揮、トリ・スペリングと共演
メニュー

ジェームズ・フランコがレズビアン・バンパイア映画を制作総指揮、トリ・スペリングと共演

2016年4月16日 11:10

ジェームズ・フランコ

ジェームズ・フランコ
Photo by Stefania D'Alessandro/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェームズ・フランコが、米NBCの1996年のテレビ映画「ザ・ストーカー 狂気の愛」をもとにした、新作テレビ映画を手がけていることがわかった。

「ビバリーヒルズ青春白書」の女優トリ・スペリングが主演したオリジナル版「ザ・ストーカー 狂気の愛」は、真面目な女子大生がローレル(スペリング)が、理想の恋人ケビン(アイバン・セルゲイ)の束縛に悩み、ローレルの母ジェシカもケビンに疑惑の目を向け始めると、やがて彼の恐ろしい過去が明らかになる、というサスペンス。

米Vultureによれば、フランコが制作総指揮を務める新作は、オリジナル版の要素にアレンジを加えたレズビアン・バンパイア映画で、スペリングが今回は母役で主演している。母ジュリーは、女子大生の娘リーが連れてきた同性恋人パールを歓迎するが、次第にパールに不信感を抱き、娘の危険を察知するというストーリーだ。ビンセント・ドノフリオグレタ・スカッキの娘レイア・ジョージが娘リー役、エミリー・ミードがパール役で出演。フランコも出演しているが、役柄は明らかになっていない。

フランコ版「ザ・ストーカー 狂気の愛」は、米Lifetimeで6月18日に放送予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi