ボイメン水野勝、普段の“キス”を大胆告白「求めあうのが好き」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月16日 > ボイメン水野勝、普段の“キス”を大胆告白「求めあうのが好き」
メニュー

ボイメン水野勝、普段の“キス”を大胆告白「求めあうのが好き」

2016年4月16日 06:00

普段とは違うキャラクターを演じた 水野勝(右)と小林豊「同級生」

普段とは違うキャラクターを演じた
水野勝(右)と小林豊
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 愛知・名古屋発のボーイズグループ「BOYS AND MEN」のメンバーが主演するオムニバスドラマ「キスのカタチ」の完成披露上映会が4月15日、東京・新宿バルト9で行われ、同グループの小林豊水野勝内田英治監督、小美野昌史監督、杉田満監督が舞台挨拶に出席した。

ドラマではメンバー11人が全11話の主人公をそれぞれ務め、「理想のキス」のシチュエーションを学生、美容師、サラリーマン、医者などに扮し演じている。恋に奥手なバーテンダーのキスを描いた「ファーストキス」に主演した水野は、「普段求めあうのが好きなので」とニッコリ。突然の大胆告白に会場には悲鳴がこだましたが、水野は素知らぬ顔で「これまでモテ男を演じることが多かった。今までやってこなかった役ができたので嬉しかったです」と話をドラマに移していた。

一方、高校時代の元彼女とのキスを描いた「同級生」に主演した小林は、「大人っぽい一面も見せられたらなと思った」と新境地を開拓した様子。メガホンをとった内田監督は「小林くんだけは(キスが)激しくていいんじゃない? とマネージャーさんと話した」と裏話を披露し、「何も言わなくても大人っぽいキスでした」と小林の演技に太鼓判を押していた。

また水野は、舞台挨拶の前に14日に熊本で発生した地震について「犠牲になられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆さんに心よりお見舞い申し上げます。1日でも早く多くの人が救助されて、安心して暮らせる日が来ることを、心より祈っています」と登壇者を代表して挨拶した。

同ドラマは、TBSサービスと東映が動画配信を主目的として共同制作するプロジェクトの第1弾。劇場、テレビ、イベントなど多角的な展開を予定している。4月16日から「AmebaFRESH!」をはじめとする各動画配信サービスで配信開始。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi