初来日したレイチェル・マクアダムス、「スポットライト」との出合いは「一生に一度のめぐり合わせ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月14日 > 初来日したレイチェル・マクアダムス、「スポットライト」との出合いは「一生に一度のめぐり合わせ」
メニュー

初来日したレイチェル・マクアダムス、「スポットライト」との出合いは「一生に一度のめぐり合わせ」

2016年4月14日 17:16

本作でオスカー候補となった レイチェル・マクアダムス「スポットライト 世紀のスクープ」

本作でオスカー候補となった
レイチェル・マクアダムス
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞をダブル受賞した「スポットライト 世紀のスクープ」のレイチェル・マクアダムスが初来日を果たし4月14日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で行われた会見に出席した。

2002年1月、米国で長年にわたり数10人もの神父が児童に性的虐待をはたらき、それをカトリック教会が組織ぐるみで隠ぺいしてきたというスキャンダルを、米ボストン・グローブ紙がスクープした。映画では実話をもとに、取材にあたった特集記事欄“スポットライト”を手がける記者たちの苦難に満ちた道のりを描き出す。

きみに読む物語」(04)、「シャーロック・ホームズ」シリーズ(09~11)、「アバウト・タイム 愛おしい時間について」(13)などに出演してきたマクアダムスは、本作でチームの最年少である女性記者サーシャを熱演し、オスカーに初ノミネートされたが、シリアスなテーマなどから「最初に本作の脚本を読んだとき、『誰が見るんだろう……』と思った」と戸惑いがあったと明かす。「でも、実際の事件で私が知らなかった部分が描かれていて、ひきつけられたの。派手な作品ではないけれど、たくさんの方に支持されて、勇気をもらったわ。この作品との出合いは、一生に一度のめぐり合わせだと思う。もっとこういう作品に出たいと思っているわ」と感無量の面持ちで語った。

マクアダムスは「私のキャリアの中で最も素晴らしいキャストがそろった」と、マーク・ラファロマイケル・キートンリーブ・シュレイバーといった共演者たちに最敬礼。「お笑い担当はマーク。彼からは、こういったヘビーな内容の作品でも楽しい思いをしていいんだと教わったわ。それは(トム・マッカーシー)監督も同じで、ヘビーだからこそ俳優の気持ちが上がるようにしてくれたのよ」と感謝を述べた。

マッカーシー監督からは「善人であっても、共犯者になりうるのだ」という言葉を授かったそうで「信仰を否定するのではなく、こういうことが起きたと明るみに出し、向き合わないといけない。映画を通じて、さまざまな“生存者”(事件の被害者)の方が(報道機関に)連絡をしてくれているそうなの。声なき者に声を与えられた」と映画の功績を再確認したと話す。「特集記事欄の記者たちは、記事を書けるまでに時間が掛かる。正しいことをしていると確認ができなくても、『いつか真実を見つけられるのだ』と信じる心が素晴らしい。サーシャたちは陰のヒーローなの」と実在の記者たちに感化された様子だった。

スポットライト 世紀のスクープ」は、4月15日から全国公開。

アバウト・タイム~愛おしい時間について~[Blu-ray/ブルーレイ] アバウト・タイム~愛おしい時間について~[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,390 「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。
きみに読む物語 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] きみに読む物語 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 2005年“きみ読む”現象を巻き起こしたヒット感動作。愛する彼女のために一人の男の力によって病を克服する“奇跡の愛”の物語!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi