益若つばさ、「ルーム」の母子に自身重ね合わせ号泣「ティッシュ買っていったのに…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月14日 > 益若つばさ、「ルーム」の母子に自身重ね合わせ号泣「ティッシュ買っていったのに…」
メニュー

益若つばさ、「ルーム」の母子に自身重ね合わせ号泣「ティッシュ買っていったのに…」

2016年4月14日 14:20

子育てについて語った益若つばさと鈴木おさむ「ルーム」

子育てについて語った益若つばさと鈴木おさむ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 放送作家の鈴木おさむ氏とモデルの益若つばさが4月14日、米映画「ルーム」の大ヒット記念トークイベントを公開中の東京・TOHOシネマズ新宿で行った。

今月8日に封切られ、わずか73スクリーンながら6日間で興収1億1500万円を突破。アカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンの来日効果もあり、興収5億円を狙えるスマッシュヒットとなっている。

5年にわたり監禁されていた母子が外の世界に飛び出す物語に、共に1時の父、母である2人は共感。特に益若は、「見る前にティッシュを買うほどの気合いで行ったのに、開始5分で泣いてずっと涙が止まらなかった。自分だったらどうするかと、自問自答しながら見ていた」と自らを主人公に重ね合わせた。

映画と同じシングルマザーでもあり、「最初は仕事も子育ても全部完璧に頑張らなきゃと思っていたのがストレスになった。家族やスタッフ、友達に助けてもらうようになって、自分も甘えられるようになった」としみじみ。長男も8歳になり、「ダメなことをしたら、子どもではなく大人と思って説明すると意外と理解する。そうしてきて良かったと思うし、出産後は見るものすべてが新鮮だったし、世の中のお母さんは皆すごいって尊敬するようになった」と笑顔で語った。

一方の鈴木氏は、昨年「森三中」の大島美幸との間に長男が誕生したばかりで、「僕なんか奥さんとすぐに汚い言葉を使っちゃう。子育て、教育という当たり前のことを強烈に教えられた」と反省気味。現在は育児中心の生活だが、「じっと見つめられると、邪念をすべて見透かされているようでドキッとする。イクメンではなく、父親になる視覚を与えられて、そこから修業、訓練が始まっているところです」と強調した。

その長男は現在10カ月で、大島が仕事に連れていくこともよくあるという。「(メンバーの)村上(知子)もお母さんなのでよく面倒を見合っているみたいだし、ハリセンボンの近藤春菜は“女芸人皆の子供”と言ってくれる。でも、黒沢(和子)には怖くて預けられない。盗まれちゃいそう」と話し、会場の笑いを誘っていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi