米ウォルト・ディズニー次期会長候補、退職 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月13日 > 米ウォルト・ディズニー次期会長候補、退職
メニュー

米ウォルト・ディズニー次期会長候補、退職

2016年4月13日 12:00

トーマス・スタッグス氏

トーマス・スタッグス氏
Photo by Scott Olson/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーのロバート・アイガー最高経営責任者(CEO)の後継者と目されていたトーマス・スタッグス氏が、最高執行責任者(COO)の職を辞することになったとハリウッド・レポーター誌が報じた。

アイガー氏は昨年2月、最高財務責任者(CFO)やウォルト・ディズニー・パークス・アンド・リゾーツを率いた経験のあるスタッグス氏をCOOに任命。かつてアイガー氏もCOOを長年務めていたことから、契約が満期を迎える2018年に後継者として任命するものと考えられていただけに、この報道は米映画業界や金融業界に驚きをもたらした。

スタッグス氏がCOOを辞任する理由は明らかにされていない。しかし、アイガー氏が18年に契約を再更新しCEOを続投する公算が高くなったため、ディズニーから離れることを決断したのではないかと憶測が広まっている。

ちなみに、アイガー氏は05年からCEOを務め、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルムといった大型買収を仕掛け、ディズニーを立て直してきた。株価は過去10年間で320%増を記録している。

なお、スタッグス氏はCOOを5月6日に辞任するものの、会計年度の終わりまではアイガー氏の特別顧問としてディズニーに留まるという。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi