クリス・エバンス、キャプテン・アメリカ“75年ぶり”のロマンスは「最高だった(笑)」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月12日 > クリス・エバンス、キャプテン・アメリカ“75年ぶり”のロマンスは「最高だった(笑)」
メニュー

クリス・エバンス、キャプテン・アメリカ“75年ぶり”のロマンスは「最高だった(笑)」

2016年4月12日 13:00

「シビル・ウォー」でキャプテン・アメリカに転機到来!「アントマン」

「シビル・ウォー」でキャプテン・アメリカに転機到来!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アベンジャーズを二分する戦いを描く「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」の記者会見が4月11日(現地時間)、米ロサンゼルスで行われ、クリス・エバンス率いる「キャプテン・アメリカ・チーム」が、10カ国以上から集まった約150人の報道陣の取材に和やかな雰囲気で応じた。

キャプテン・アメリカ(キャップ)とアイアンマンの対立がストーリーの軸となるため、記者会見も2組に分けて実施された。キャプテン・アメリカ組には、エバンスを筆頭に、セバスチャン・スタン(ウィンター・ソルジャー)、アンソニー・マッキー(ファルコン)、ポール・ラッド(アントマン)、エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ)、ジェレミー・レナー(ホークアイ)が登壇。共同監督のジョー・ルッソと製作のケビン・ファイギも出席した。

本作では、氷漬けの状態から現代によみがえったキャプテン・アメリカことスティーブに75年ぶりのロマンスが訪れることで、エバンスは「最高だった(笑)」と上機嫌。一方で、ある出来事から旧友バッキーへの思いが強くなり、「コミック史上もっとも利他的な人間が、突然、他人のことよりも自分の欲求を優先するようになる」と、キャラクターが大きな変化を迎えることを真摯に語った。

「マーベル作品はスーパーヒーロー映画という枠を超え、映画として高い完成度を誇る」など、真面目な回答が目立ったエバンスに対し、ムードメーカーのマッキーはジョークをさく裂させた。先に会見を終えたロバート・ダウニー・Jr.率いるアイアンマンチームから「筋力自慢」などやゆされていたと知ると、「そりゃ、連中が年寄りだからだ」とバッサリ。続けて「チーム・キノワだ。健康面を気にしなければいけないお年頃だから」(スタン)、「チーム・イチョウ葉エキス。自分たちが何を言ったかを、きちんと覚えているために」(マッキー)と容赦ない“口撃”を浴びせた。

さらに、アベンジャーズを二分する戦いでキャップ側に就くことになったアントマン役のラッドは、「オタク的な興奮が止まらなかった」と現場での興奮を再現した。ところが、ファルコン役のマッキーだけは「アントマン」で共演済みだったため、「アンソニーに会ってもたいして感動はなかった(笑)。しょせん、翼があるだけだし」と辛口。すると、マッキーは「その翼で、アントマンをぶっ飛ばしてやる(笑)」と“口撃”していた。

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」は4月29日全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi