【国内映画ランキング】「暗殺教室 卒業編」V3、4位まで変動なしで、「ルーム」が初登場8位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月11日 > 【国内映画ランキング】「暗殺教室 卒業編」V3、4位まで変動なしで、「ルーム」が初登場8位
メニュー

【国内映画ランキング】「暗殺教室 卒業編」V3、4位まで変動なしで、「ルーム」が初登場8位

2016年4月11日 19:30

3週連続1位の「暗殺教室 卒業編」「暗殺教室 卒業編」

3週連続1位の「暗殺教室 卒業編」
(C)2016 フジテレビジョン 集英社
ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT (C)松井優征/集英社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 4月9~10日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。快進撃を続ける「暗殺教室 卒業編」が春休みを終了しても好調を維持し、週末2日間で動員16万7429人、興収2億0108万5000円をあげ、3週連続1位を獲得した。累計動員は260万人が目前となっており、興収は前作「映画 暗殺教室」(最終興収27.7億円)を超え、間もなく29億円に達する。

4位までは前週と変動はなく、2位は「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」で、公開6週目に入っても週末2日間で動員9万6707人、興収1億1551万1200円をあげている。「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」も3位に踏みとどまり、週末2日間で動員9万0014人、興収1億4602万0900円をあげ、粘り強い興行を展開している。

7位から4位に前週再浮上した「ちはやふる 上の句」も2週連続で4位をキープ。鑑賞後の満足度の高さなどが口コミにより拡がっているようで、累計興収は10億円を突破した。また、「僕だけがいない街」も公開4週目にきて7位から5位にランクアップしているのも気になるところ。

新作では、ブリー・ラーソンが第88回アカデミー賞主演女優賞を受賞した「ルーム」が、4月8日より全国76スクリーンで公開され、週末2日間の成績は動員3万8127人、興収5724万2300円を記録し、8位スタートとなった。そのほか新作のランクイン入りはなかったが、エミリー・ブラント主演のクライムアクション「ボーダーライン」が、全国37スクリーンの公開ながら14位となっている。

映画「暗殺教室」 Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 映画「暗殺教室」 Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 「週刊少年ジャンプ」にて2012年の連載開始直後から話題となったコミックス「暗殺教室」の実写化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi