森林破壊を批判したディカプリオ、インドネシア入国禁止か? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月6日 > 森林破壊を批判したディカプリオ、インドネシア入国禁止か?
メニュー

森林破壊を批判したディカプリオ、インドネシア入国禁止か?

2016年4月6日 17:00

アカデミー賞授賞式でも 環境保護を訴えたディカプリオ

アカデミー賞授賞式でも
環境保護を訴えたディカプリオ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優レオナルド・ディカプリオがインドネシアへの入国禁止になるかもしれないと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

環境問題をライフワークとしているディカプリオはこのほど、インドネシアのスマトラ島北部にあるグヌン・レウセル国立公園を訪問。その際、インスタグラムで「パーム・プランテーションの拡大が森林を破壊しており、象たちの重要な通り道を分断している」と、パーム油の業者による環境破壊を指摘。さらに、「ここは世界有数の多様性の中心地だが、プランテーションの拡大によって貴重な場所が破壊されている」と訴えた。

これに対し、インドネシア法務人権省の入国管理局の広報担当は「もし彼がソーシャルメディアで煽動や挑発的なコメントを続けるのであれば、インドネシアに入国できないようにブラックリストに載せることができる」と声明を発表。世界有数のパーム油の輸出国として知られるインドネシアは、ディカプリオの発言を問題視している。それでも、「われわれはグヌン・レウセルのエコシステムを守るための努力をしている」と、環境への配慮を怠っていないとアピールすることも忘れなかった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi