「スキャナー」で現代劇初挑戦、野村萬斎は変な人!?「大体そう思われる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月27日 > 「スキャナー」で現代劇初挑戦、野村萬斎は変な人!?「大体そう思われる」
メニュー

「スキャナー」で現代劇初挑戦、野村萬斎は変な人!?「大体そう思われる」

2016年3月27日 20:50

舞台挨拶を盛り上げた野村萬斎と宮迫博之「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」

舞台挨拶を盛り上げた野村萬斎と宮迫博之
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 狂言師の野村萬斎が、現代劇に初挑戦した主演映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」の完成披露試写会が3月27日、東京・丸の内TOEI1で行われた。萬斎は共演の「雨上がり決死隊」の宮迫博之、「関ジャニ∞」の安田章大杉咲花木村文乃らと舞台挨拶。「面白いものが見ていただけますよ」と絶対の自信をうかがわせた。

脚本家の古沢良太氏が、「かねがね変な人なんじゃないかと思っていたけれど、想像以上に変な人だった。だったらいかに変かを全国に知ってもらおう」と萬斎を当て書きしたオリジナル作品。物や場所に残った思念を読み取る能力があるゆえに、引きこもりになった元漫才師という主人公を構築した。

元相方に扮した宮迫は、「おっかない人かと思ったら、僕なんかより全然おしゃべり。『漫才師役をやる、僕、萬斎』とか言う人なんですよ」、安田も「狂言師の人がどんな性格しているか分からんかったけれど、めっちゃ優しい人やって気づいてからフランクに話せるようになった」と述懐。2人の間にいた萬斎は、「大体そういうふうに思われる。だから、崩すところから始めたんです。両サイドからの関西風はさみ撃ちにタジタジです」と切り返し、笑いを誘った。

萬斎と宮迫のコンビ「マイティーズ」が漫才を披露するシーンもあり、所属事務所社長役の高畑淳子は「売れるのは難しいだろうなと思うけれど、よくぞこの2人を組ませた絶妙なキャスティング。漫才が見たい。今、いかがですか?」とむちゃぶりでリクエスト。「無理無理無理無理」と宮迫の拒絶で実現しなかったが、代わって金子監督が「違和感なく、何年もコンビを組んでいる感じ。宮迫さんがお笑いで鍛えた才能が、萬斎さんの魅力を引き出している」と太鼓判を押した。

金子監督はさらに、「これだけ素敵なキャストで作り上げたのだから、つまらなかったらすべて私の責任。面白かったら、皆さんのおかげです」と豪語。これには古沢氏が、「ぜいたくなキャスト、スタッフで作っていただき万感の思い。つまらなかったら僕のせい。これだけは譲れない」と対抗意識を燃やしていた。

スキャナー 記憶のカケラをよむ男」は、マンションの管理人として引きこもっていた元漫才師が、かつての相方に担がれる形で残留思念を読み取る能力を頼りにピアノ教師の失そう事件の真相に迫っていくミステリー。4月29日から全国で公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi