堕ちたスケーター、トーニャ・ハーディング伝記映画主演にマーゴット・ロビー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月24日 > 堕ちたスケーター、トーニャ・ハーディング伝記映画主演にマーゴット・ロビー
メニュー

堕ちたスケーター、トーニャ・ハーディング伝記映画主演にマーゴット・ロビー

2016年3月24日 12:00

マーゴット・ロビー「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

マーゴット・ロビー
Photo by Michael Loccisano/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1994年のリレハンメル五輪直前の「ナンシー・ケリガン襲撃事件」で罪に問われた、アメリカの元フィギュアスケート選手トーニャ・ハーディングの伝記映画が製作され、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のマーゴット・ロビーがハーディングを演じることがわかった。

米オレゴン州ポートランドの貧しい家庭に育ったハーディングは、91年の世界選手権で2位に入るなど、アメリカを代表するフィギュアスケーターとして活躍していた。しかし、94年のリレハンメル五輪の代表選考会となった全米選手権の会場で、ライバルだったケリガンが何者かに襲われ、膝に怪我をした事件に関与していたことが発覚。リレハンメルでは、怪我を乗り越えて出場したケリガンが銀メダルに輝く一方で、ハーディングは精神的に崩れて醜態をさらしたうえに8位に終わった。

オリンピック後は、服役こそしなかったものの、全米スケート協会から過去のメダルや権利を剥奪され、スケーター生命は終わりを告げた。その後、歌や女優、ボクシングや格闘技などに挑戦するも、いずれのキャリアもパッとせずに終わっている。現在は1児の母として普通の生活を送っているようだ。

米Deadlineによれば、今回の新作「I,Tonya」はスティーブン・ロジャースが脚本を執筆。ロビーは、ブライアン・アンクレスと共同でプロデュースも手がける予定だという。

ウルフ・オブ・ウォールストリート[Blu-ray/ブルーレイ] ウルフ・オブ・ウォールストリート[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 実在した株式ブローカーの成功と破滅を描く、刺激に満ちたエンターテインメント作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi