人気脚本家・古沢良太が初の小説執筆!映画「スキャナー」を小説化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月22日 > 人気脚本家・古沢良太が初の小説執筆!映画「スキャナー」を小説化
メニュー

人気脚本家・古沢良太が初の小説執筆!映画「スキャナー」を小説化

2016年3月22日 19:30

小説版「スキャナー」を書き下ろした 脚本家・古沢良太「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」

小説版「スキャナー」を書き下ろした
脚本家・古沢良太
(C)2016「スキャナー」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「探偵はBARにいる」やドラマ「リーガルハイ」「デート 恋とはどんなものかしら」などで知られる人気脚本家・古沢良太が書き下ろした謎解きミステリー映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」が、小説化された。古沢自ら執筆し、「小説版 スキャナー 記憶のカケラをよむ男」のタイトルで発売中だ。

小説版は、脚本をもとにしながらも、キャラクターをより深く掘り下げた内容になっているという。小説執筆に初挑戦した古沢は「前から小説を書くことは挑戦してみたいと思っていて、この作品はオリジナルかつミステリーなので、小説という形に向いてると思いました」と小説化の経緯を明かす。そして「映画は魅力的な俳優さんたちが演じてくれているので、それを楽しんでいただきたいです。小説版は、展開が少し違うこともあって、映画では描ききれなかったキャラクターのバックボーンをシーンの間に足しているので、『実はこんなことがあったんだ』と補完して楽しんでもらえたらなと思います」とアピールした。

金子修介監督がメガホンをとり、狂言師の野村萬斎が初めて現代劇に挑む映画版は、物に残った人間の記憶である「残留思念」を読み取ることができる特殊能力を持つ元お笑い芸人・仙石和彦が、女子高生ピアニストの亜美から、行方不明になった音楽教師の雪絵を探してほしいと頼まれ、元相方の丸山竜司と捜査を開始する。仙石役の野村、丸山役の宮迫博之をはじめ、杉咲花木村文乃安田章大らが出演する映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」は、4月29日から全国で公開。

探偵はBARにいる[Blu-ray/ブルーレイ] 探偵はBARにいる[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,966 東直己原作による“ススキノ探偵シリーズ”第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌・ススキノを舞台に、この街の裏も表も知り尽くした探偵の活躍を描くハードボイルド・エンターテインメント!
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点【Blu-ray通常版】[Blu-ray/ブルーレイ] 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点【Blu-ray通常版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,074 おなじみコンビが挑む事件は、今回さらにスケールアップ。ススキノから室蘭へと飛び出したスリリングな珍道中、ノンストップのガチンコアクション、

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi