スパイダーマンは「アイアンマン」チームに!「シビル・ウォー」チーム分け発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月22日 > スパイダーマンは「アイアンマン」チームに!「シビル・ウォー」チーム分け発表
メニュー

スパイダーマンは「アイアンマン」チームに!「シビル・ウォー」チーム分け発表

2016年3月22日 14:25

「キャプテン・アメリカチーム」と「アイアンマンチーム」の組分けが発表「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」

「キャプテン・アメリカチーム」と「アイアンマンチーム」の組分けが発表
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米マーベルコミック原作「キャプテン・アメリカ」シリーズの第3作「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のプレゼンテーションが3月22日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、来日中のネイト・ムーア氏(製作総指揮)が出席。この日、ムーア氏から「キャプテン・アメリカチーム」と「アイアンマンチーム」の組分けが発表された。

今作では、人的・物的被害の過多により「アベンジャーズ」が政府組織の管理下に置かれ、無許可での活動を禁じられたことで、主義主張の異なるアイアンマンとキャプテン・アメリカが激しく対立。分裂した2つのチーム間で“紛争”がぼっ発する。アントマン、ブラックパンサー、スパイダーマンといったヒーローたちが新たに参戦することも、大きな話題を集めている。

ヒーローの自由意志を尊重する「キャプテン・アメリカチーム」には、親友のファルコン、管理下に置かれるきっかけとなる事故を起こしたスカーレット・ウィッチ、引退から復帰したホークアイ、そして“小さな手助け”となるアントマン。一方、アイアンマンことトニー・スターク率いる「アイアンマンチーム」には、トニーの親友・ウォーマシン、周辺の被害を最小限に留めるべきと考えるブラック・ウィドウ、人工知能のヴィジョン、アフリカ・ワカンダの皇太子であるブラックパンサーが名を連ねた。

実写映画で他作品のキャラクターと初共演するスパイダーマンは、「アイアンマンチーム」に参加。ムーア氏によれば、アベンジャーズ分裂の危機を察知したアイアンマンは、最初にスパイダーマンに声をかけたという。その理由を、「『キャプテン・アメリカチーム』のメンバーを傷つけず捕らえるには、スパイダーマンのウェブシューターが必要だと思ったため、まず声をかけたんです」と説明した。

さらに壇上には、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)の日本語吹き替え版声優を務めてきた女優・米倉涼子も登場。今作でも続投することが発表され、ムーア氏は「本当にファンタスティック! 今回も日本の観客のために声を吹き込んでくれて、大変嬉しく思っております」と称賛した。

一方の米倉は、「同じチームの親友が対立するということで、複雑な気持ちでいっぱいです」といい、物語を「理性で動くアイアンマンと、感情で動くキャプテン・アメリカ。2人がどうなるのかが見どころだと思います」とアピール。声を担当するウィドウはアイアンマンと行動をともにするだけに、「前回はキャプテン・アメリカと非常に親密だったので、アイアンマン側につくというのは意外でした」と驚きとともに感想を述べていた。

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」は、4月29日から全国公開。

(映画.com速報)
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+...[Blu-ray/ブルーレイ] キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,972 兵士として不適格とされた青年が、軍の極秘実験「スーパーソルジャー計画」によって“キャプテン・アメリカ”として生まれ変わり、捕えられた仲間や親友を救うため立ちあがる姿を描いたアクション・アドベンチャー!
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 アベンジャーズ抹殺の危機「全世界2000万人暗殺計画」阻止の為、最強の暗殺者〈ウィンター・ソルジャー〉との正義をかけた戦いを描くアクション・サスペンス超大作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi