ジュリア・ロバーツ、NY地下鉄の偽運転士の実話描く新作で弁護士に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月21日 > ジュリア・ロバーツ、NY地下鉄の偽運転士の実話描く新作で弁護士に
メニュー

ジュリア・ロバーツ、NY地下鉄の偽運転士の実話描く新作で弁護士に

2016年3月21日 12:00

ジュリア・ロバーツ「エリン・ブロコビッチ」

ジュリア・ロバーツ
Randy Holmes/ABC via Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジュリア・ロバーツが、ニューヨークの地下鉄の運転士を装って何度となく運転を繰り返していた男性の物語を映画化する「トレイン・マン(Train Man)」で、実在の弁護士役を演じることがわかった。ロバーツは、実在の法律事務所職員を演じた「エリン・ブロコビッチ」(2000)で、アカデミー賞主演女優賞を受賞している。

「トレイン・マン」は、15歳の時から50歳の現在にいたるまで、ニューヨーク市地下鉄やバスの職員を装い、乗客を乗せた車両を勝手に運転してこれまでに30回逮捕された実在のアフリカ系アメリカ人男性、ダリウス・マッカラムを題材にしている。

アスペルガー症候群と診断されたマッカラムは、幼少の頃から電車や公共交通機関に魅せられてきたという。犯罪者には違いないが、人を傷つけたことはなく、一部では一種のカルトヒーローと化している。

米ハリウッド・レポーターによれば、ロバーツは、マッカラムを長年弁護しているサリー・バトラーを演じる。その他のキャストは未定。米The Gotham Groupが製作し、脚本をドラマ「イレブンス・アワー」のサイモン・スティーブンソンが執筆する。

エリン・ブロコビッチ[Blu-ray/ブルーレイ] エリン・ブロコビッチ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 貯金16ドルだった主婦がある事件をきっかけに350億ドルを手にする、実話をもとに作られたサクセス・ストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi