橋爪功&吉行和子、「家族はつらいよ」で5度目の夫婦役も互いの魅力は「謎」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月20日 > 橋爪功&吉行和子、「家族はつらいよ」で5度目の夫婦役も互いの魅力は「謎」
メニュー

橋爪功&吉行和子、「家族はつらいよ」で5度目の夫婦役も互いの魅力は「謎」

2016年3月20日 19:30

大渋滞に巻き込まれ電車で会場入り!「家族はつらいよ」

大渋滞に巻き込まれ電車で会場入り!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の橋爪功と女優の吉行和子が3月20日、主演映画「家族はつらいよ」が上映中の東京・109シネマズ二子玉川で大ヒット御礼舞台挨拶を行った。

同作はこの日までに観客動員50万人を突破。この日はロケも行われた東急田園都市線沿線の南町田(109シネマズグランベリーモール)と同所を回ったが、思わぬ大渋滞に巻き込まれたそうで、橋爪は「えらい騒ぎになって、途中で(車を)降りて電車に乗って参りました。ハイキング気分でウキウキしています」と話し、盛大な拍手を浴びた。

2人は同じ山田洋次監督の「東京家族」に続く共演で、実に5度目の夫婦役というじっ懇の間柄。吉行は「ツーカーな仲だけれど、いまだ分からないことが多くて、謎の男というのが素敵なところ。下世話な話をすると、足がすごくきれい。真っ白で毛が全然ないので、美しいからちょっと触らせてもらった」と“夫”を称えた。

だが、橋爪は「秘密主義で、絶対に自分の心は人に見せないイヤなヤツなんですよ。だから批判と思って聞いていた」と憎まれ口。それでも、「実生活での結婚生活は4年くらいで、ウチに台所用品がほとんどない吉行さんも謎。役者は実生活から学ぶのではなく、想像力なんだなあって思う。スタンスが全く変わらないし、色っぽいなあって思う」と“妻”を持ち上げた。

映画は長年連れ添った妻から突然離婚を切り出されたことで家族が大騒動となる喜劇で、吉行は貞淑な妻を演じた「東京家族」と比較し、「思いのたけをぶつけられたので、ストレス解消になって楽しかった」と撮影を振り返った。だが、「監督が終わった途端に無表情になって何を考えている分からない瞬間があって、それが針のむしろ。怖いから、気に入らないならすぐ反応してほしい」と不満も口にした。

これには「喜劇は難しいから、監督に丸投げした」という橋爪も同調。「監督は童顔なんだけれど、考え事をしていると不機嫌に映る。何とかしてほしい。意外に(自宅が)近くだから、ピンポンダッシュしてやろうかと思う」と冗談めかしながら注文をつけていた。

東京家族 豪華版【初回限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] 東京家族 豪華版【初回限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,644 半世紀のあいだ、その時代、時代の〈家族〉と向き合ってきた山田洋次監督が、いま2012年の家族を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi