実孫も称賛!「蜜のあわれ」高良健吾が演じる芥川龍之介がハマりすぎ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月18日 > 実孫も称賛!「蜜のあわれ」高良健吾が演じる芥川龍之介がハマりすぎ
メニュー

実孫も称賛!「蜜のあわれ」高良健吾が演じる芥川龍之介がハマりすぎ

2016年3月18日 12:00

目力を披露!「蜜のあわれ」

目力を披露!
(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会 写真提供:文芸春秋
[拡大画像]

[映画.com ニュース]大正期から昭和期に活躍した詩人・小説家の室生犀星が晩年に発表した小説を映画化した「蜜のあわれ」で、芥川龍之介の幽霊を演じた高良健吾の場面写真が公開された。

映画は、変幻自在の金魚の姿をもつ少女・赤子(二階堂ふみ)と老作家(大杉漣)の関係を中心に、老作家を慕う幽霊・ゆり子(真木よう子)、老作家と友人だった作家・芥川龍之介の幽霊(高良)たちが2人の生活に影響を与えていくさまを幻想的に描く。

第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞した「横道世之介」や、現在放送中のテレビドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」などで演技力を高く評価されている高良だが、本作では芥川の髪型を再現し、相手を射すくめるような眼光をたたえて本人になりきっている。芥川の実孫であるアクタガワタカトシ氏も「高良健吾さんの芥川龍之介は、少し格好よ過ぎるかもしれませんね(笑)」としつつも「この作品を通して、おじいさんに会えた感じがしました」とコメントを寄せている。

メガホンをとった石井岳龍監督は「高良健吾さんは控えめな優しい役もお上手ですが、彼の尖ったキャラクターがすごく好きなので今回の役は絶対にハマると思いましたし、実際にすごく格好よかった」と絶賛。高良は「『幽霊役も来るようになったか』と不思議な喜びも感じました」と振り返りながら、「10代の頃、(石井)監督の作品に頭を撃ち抜かれた記憶があります。監督は現場でも、とても格好よかった。紳士だった。ロックだった」と参加の喜びを語っている。

老作家には室生自身が投影されているといわれているが、実際の芥川と室生は友人同士で年も近く、家も近所だった。高良は劇中の重要なシーンで登場し、大杉と演技合戦を繰り広げており、映画ファンだけでなく文芸ファンにとっても注目のシーンといえる。

蜜のあわれ」は、韓英恵上田耕一渋川清彦永瀬正敏らが脇を固める。4月1日から全国公開。

横道世之介[Blu-ray/ブルーレイ] 横道世之介[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,010 吉田修一による“青春小説の金字塔”を、沖田修一監督が高良健吾、吉高由里子ら豪華俳優陣と映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi